もっとニュース

  • 2023年7月7日

サッカー女子ワールドカップ2023 なでしこジャパン試合日程は?都内で壮行会

キーワード:

オーストラリアとニュージーランドで行われるサッカー女子ワールドカップ。 
7月20日の開幕を前に日本代表「なでしこジャパン」の壮行会が、6日、東京都内で開かれました。 
2011年以来、3大会ぶりの優勝を目指す日本代表の試合日程などをまとめています。

なでしこジャパン “誇りを持って戦う”

オーストラリアとニュージーランドで行われる女子のワールドカップは7月20日に開幕し、世界ランキング11位の「なでしこジャパン」は、9大会連続9回目の出場となります。

東京都内で行われた壮行会には、東京出身の池田太監督や代表メンバー23人のうち、海外でプレーする一部を除く21人が出席しました。会場には、抽せんで選ばれたおよそ160人のサポーターが集まり、冒頭、池田監督が次のようにあいさつしました。

なでしこジャパン 池田太 監督 
「皆さんのパワーをもらってワールドカップを戦います。応援してください。そして、一緒に戦ってください」

壮行会では、選手たち1人1人がワールドカップへの思いを語り、「試合前に食べるものは何か」とか、「座右の銘は」などというサポーターの質問にユーモアを交えて答えていました。

そして、最後にキャプテンの熊谷選手が次のように決意を述べました。

キャプテン 熊谷紗希 選手 
「女子サッカーの未来のために世界で戦えることを証明します。代表メンバーに選ばれた責任と誇りを持って戦っていきます」

なでしこジャパン 対戦相手は?

「なでしこジャパン」は、7月14日に仙台市で行われる大会前最後の強化試合で、ワールドカップに出場するパナマと対戦します。

オーストラリアとニュージーランドで行われるワールドカップで1次リーグ・グループCの日本は、いずれもニュージーランドで3試合を戦います。

初戦は7月22日、ハミルトンでザンビアと、第2戦は26日、ダニーデンでコスタリカと、第3戦は31日、ウェリントンでスペインと対戦します。

日本が勝ち進めば、ベストエイトをかけて8月5日から決勝トーナメントが行われ、8月11日と12日に準々決勝、8月15日、16日に準決勝が行われます。決勝は8月20日に行われます。

ザンビアってどんなチーム?

7月22日に1次リーグの第1戦で、ザンビアと対戦します。

ザンビアは、世界ランキング77位。FIFA=国際サッカー連盟によりますと、アフリカの内陸国として男女通じて初めてワールドカップ出場を果たしました。

出場チームの中で世界ランキングが最も下のチームですが、身体能力の高い選手がそろい、近年、急速に力をつけています。

おととしの東京オリンピックは1次リーグで敗退しましたが、中国に引き分け、ブラジルには敗れたものの0対1と僅差の戦いを見せ、格上を相手に健闘しました。日本がザンビアと対戦するのは今大会が初めてです。 
(※世界ランキングは6月13日時点)

コスタリカってどんなチーム?

7月26日の1次リーグ第2戦で、コスタリカと対戦します。

コスタリカは世界ランキング36位。ワールドカップは2大会ぶり2回目の出場です。

フィジカルの強さや縦への速い攻撃が特長で、去年のワールドカップ予選を兼ねた北中米の大会ではアメリカ、カナダ、ジャマイカに続いて4位に入り出場権を獲得しました。

日本との対戦は2017年4月に熊本県で行われた強化試合が唯一の対戦で、そのときは日本が3対0で快勝しています。

一方、男子の日本代表は去年のワールドカップカタール大会の1次リーグでコスタリカと対戦し、0対1で敗れています。 
(※世界ランキングは6月13日時点)

スペインってどんなチーム?

7月31日に1次リーグの最終・第3戦で、スペインと対戦します。

スペインは世界ランキング6位。ワールドカップは3大会連続3回目の出場です。

リーグ戦首位のチームが出場権を獲得できるヨーロッパ予選は8戦全勝でトップ。総得点は「53」だった一方、失点は「0」と圧倒的な成績を残しました。

パスサッカーが持ち味で、前回、2019年のフランス大会で初めて決勝トーナメントに進み、ベスト16に入りました。

日本はこれまで4回対戦し、3敗1引き分けと勝ちがありません。直近の去年11月の強化試合では0対1で敗れました。 
(※世界ランキングは6月13日時点)

あわせて読みたい

ページトップに戻る