1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 東京 北区長選挙 候補者アンケート 実現したい政策など詳しく

東京 北区長選挙 候補者アンケート 実現したい政策など詳しく

  • 2023年4月19日

東京・北区の区長選挙が4月16日に告示されました。
23区の区長で最高齢の現職が6期目を目指すのに対し、新人3人が区政の刷新などを訴えて挑む構図です。
NHKでは候補者の訴えや考えをアンケートで聞きました。
※候補者の回答は原則そのまま掲載しています。

北区長選挙に立候補しているのは、届け出順にご覧の方々です。

井上アナ

北区はどんなところですか?選挙戦では何が争点になりそうですか?

上原アナ

北区は人口35万人余り。23区の中でも高齢化率が高く、高齢者の福祉支援策について論戦が交わされる見込みで、子育て政策や駅周辺のまちづくりについても争点になりそうなんです。 早速、アンケートからそれぞれの政策や考えを見ていきましょう。
北区長選挙に立候補した理由を教えてください。

北区長選挙に立候補した理由は?

橋本氏

みんなでこんな北区にしたいと話し合ってきた多くの市民の声を区政として実現するため、皆さんと夢を共有する中で区政を変えたいという思いを人任せにするのではなく立候補しました。

花川氏

5期20年、区民の幸せのため全力で取り組んできた。次の4年間はこれまでの集大成として、実績と経験を活かし、誰もが幸せを実感し未来へ希望の持てる北区にするため全身全霊をかけて実行する決意をした。未来に着実につなぐための基盤を固め、区民が安全安心で今以上に住みよい北区にするため全力を尽くす。

山田氏

生まれ育った北区を誰もが幸せを感じられるあたたかな北区にしたい。区議4期、都議2期の経験で北区の課題を理解し、北区にスピード感と覚悟が必要だと感じます。コロナを経て様々な制度が変わる中で、変化をチャンスと捉えて改革を起こさないと、区民生活の水準を保てないという危機感から、北区長選挙に立候補しました。

駒崎氏

区議になってこれまで4年間で、850件以上の区民相談に乗ってきました。解決できた問題もありますが、解決できず涙を流したこともありました。悔しい思いをする中で、私が区長になって北区が本気を出せば、もっとたくさんの人が助けられるのに、と痛感したのです。もっとたくさんの人の力になりたい。それが理由です。

 

上原アナ

それぞれ色んな思いを持って立候補したんですね。次は政策についてです。
最も実現したい政策について教えてください。

最も実現したい政策は?

橋本氏

まず暮らしを豊かに、各世代にわたる困窮・格差をなくしたい。区の財政支出により改善するところから始めたい。もっともしわ寄せがきている子ども・子育て世帯や若い人たちの生きづらさに寄り添います。高齢者の経済的な負担を軽減し、一人暮らしの高齢者の支援を充実させます。

花川氏

人口減少・少子高齢化が進展する中にあって、子ども・子育て施策は極めて重要な課題。国や東京都に先駆けて、就任直後から「子育てするなら北区が一番」を掲げ、23区の子育て施策をリードしてきた。「子育てするなら北区が一番」をより確かなものにするため、北区で安心して産み・育てられる環境の更なる充実を図りたい。

山田氏

徹底した行財政改革に取り組みます。北区民の意見や想いが政策や事業に反映される「区民参加型」の「人に優しい区民サービスNo1」を目指します。社会変革に対応するスピード感や「現場主義」、「双方向主義」、「公民連携強化」等で、区役所が区民基準の考え方・意識へと変え、誰もが幸せを感じられる北区を目指します。

駒崎氏

北区は23区トップクラスの高齢化率で年少人口割合も低下しています。徹底した少子高齢化対策が、こまざき美紀区政の一丁目一番地です。そのために、高齢者の「住む」「働く」「集う」を支援します。また少子化対策としては、「子どもは親の子であるだけでなく、地域の子」であり、「みんなで育てる」を徹底していきます。

 

 

では次の質問です。北区はJRなど鉄道の駅が多い区なんですが、駅周辺の整備についても争点になっているようです。
北区内の赤羽・王子・十条・東十条の駅で周辺整備計画・構想がありますが、駅周辺のまちづくりをどう進めますか。

 

それぞれどんな考えなんでしょうか。

駅周辺のまちづくり どう進める?

橋本氏

行き過ぎた開発計画はいったん見直します。赤羽・十条・王子・東十条の文化と歴史を活かし、地域の魅力を大事にしたまちづくりを進めたい。地域住民の声を聞いて進めるまちづくりにします。

花川氏

各地域における課題や実情、特色を十分に踏まえたうえで、今後のまちづくりのビジョンを示したうえで、進めていくことが重要である。地域毎に課題の解決方法は異なるが、将来への筋道を作るべく、関係権利者や地域住民をはじめ、国や東京都、JRなどとも連携をしながら着実にスピード感をもって進める。

山田氏

駅周辺開発に「エリアマネジメント」の考え方を導入して、ハードとソフトを一体的に捉え、区と周辺住民が連携したまちづくりを進めます。駅に人が集い、くつろげて、ウォーカブルな造りにして街全体の価値を上げます。駅前に大型デジタルサイネージを設置し、平時は区内情報や民間広告、災害時は避難情報等を表示します。

駒崎氏

一般的な再開発自体には賛成ですが、赤羽一番街やOK横丁をタワマンで潰してしまうような今の再開発構想には反対したいです。赤羽の飲み屋街は他のエリアから人を呼べる、北区の財産であり、文化でもあります。現に私たちのアンケートでも反対多数。区民やそこで働く人々の声を聴き、より良い再開発手法を模索したいです。

 

 

各候補者の訴えや違いが少し分かったような気がします。

 

区のリーダーを選ぶ区長選挙は住民の生活に直結する大切な選挙ですから、それぞれの候補者の考えをしっかり理解して投票したいですね。

 

その通りですね。NHKの特設サイトでは、北区の経済対策や具体的な子育て政策など今回の北区長選挙の争点になっていることを各候補者にさらに詳しく聞いたものを、こちらの候補者アンケートのサイトに掲載していますので、参考にしていただければと思います。

ページトップに戻る