もっとニュース

  • 2022年11月16日

第一三共コロナワクチン臨床試験 ファイザー・モデルナと比べ有効性は

キーワード:

独自の技術で国産の新型コロナウイルスのメッセンジャーRNA=mRNAワクチンを開発している製薬大手の第一三共は、最終段階の臨床試験の結果、3回目の接種用としてはファイザーやモデルナのワクチンと同じ程度の有効性が確認できたと発表しました。追加接種用のワクチンとして2023年1月に国に承認申請を行えるよう準備を進めるとしています。

第一三共 開発中のコロナワクチン 臨床試験の結果は

第一三共が開発中の新型コロナワクチン 
最終段階の臨床試験
対象 18歳以上 およそ5000人
想定 3回目の接種
接種 
4週間
ファイザー・モデルナの追加接種に比べ 
中和抗体の上昇の程度が高い
第一三共 これまでのワクチンと同程度の有効性確認 
安全性問題なかった

  
製薬大手の第一三共では、18歳以上のおよそ5000人を対象に3回目の接種を想定した最終段階の臨床試験を行いました。

会社の発表によりますと、臨床試験の結果、ファイザーやモデルナのmRNAワクチンを2回接種したあと、第一三共が開発中のワクチンを接種した人では、接種から4週間の時点でウイルスの働きを抑える中和抗体が上昇した程度が、ファイザーやモデルナのワクチンを追加接種した人より高かったということです。

第一三共 “有効性を確認 安全性に問題なし”

第一三共は、独自の技術で国産の新型コロナウイルスのメッセンジャーRNA=mRNAワクチンを開発しています。会社ではこれまでのワクチンと同じ程度の有効性を確認でき、安全性も問題はなかったとしています。

追加接種用として1月の承認申請へ準備

国は、新型コロナのmRNAワクチンを開発する際には、これまでに使われているものと同じ程度の有効性を確認することや、少なくとも3000人を対象に安全性を確認することなどを求めています。 
第一三共は今回の結果を踏まえて、追加接種用として2023年1月に国に承認申請を行えるよう準備を進めているとしています。

あわせて読みたい

ページトップに戻る