1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 体長2m「ボールニシキヘビ」か つくばみらい市で目撃 行方は?

体長2m「ボールニシキヘビ」か つくばみらい市で目撃 行方は?

  • 2022年9月12日

体長が2メートルほどの大型のヘビが茨城県つくばみらい市で7日に目撃されました。茶色と黒色のまだら模様があり、毒を持たないニシキヘビの一種、「ボールニシキヘビ」と見られ、9日夜、現場近くで特徴が似たヘビが捕獲されました。
ただ、警察は大きさが異なるため現段階で同じ個体と断定できないとしています。

“大きなヘビが道路上でとぐろ”

つくばみらい市下平柳で7日夜、「大きなヘビが道路上でとぐろを巻いていた」と通りかかった男性から警察に通報がありました。警察官が駆けつけた時には姿が見えなくなっていました。

目撃者によりますと、とぐろをまいたヘビは、上の画像の道路で発見されました。その後、草の茂みに入り、姿が見えなくなったということです。

体調2m 毒はないボールニシキヘビか

男性の話や男性が撮影した写真から、ヘビは体長およそ2メートルで、茶色と黒色のまだら模様があり、毒を持たないニシキヘビの一種、「ボールニシキヘビ」とみられるということです。

茨城県日立市にある日立市かみね動物園の獣医師、飯田伸弥さんによりますと、ボールニシキヘビはアフリカに生息し、体長は大きいもので1.5メートルほどになり、毒はなく、国内のペットショップでも販売されているということです。

臆病な性格だということですが、飯田さんは、「見かけたらむやみに近寄らず、ヘビを刺激しないようにして、警察に通報してほしい」と話していました。

警察 “周辺で飼育のヘビがいなくなった情報なし”

現場近くに住む女性

不安ですし、子どもたちに何かあったら大変ですから、早く捕まってほしいです。


大型ヘビが目撃された場所から北西に2キロほどの場所には伊奈小学校があり、茨城県つくばみらい市は、警察から連絡を受けて8日、保護者に注意を呼びかけるメールを送ったということです。

これまでに周辺で飼育していたヘビがいなくなったといった情報は寄せられていないということです。

9日夜に捕獲 “大きさ異なり 同一個体と断定できず”

警察は捜索を行うとともに、住民に注意を呼びかけていたところ、9日の夜、ヘビが見つかった場所から100メートルほど離れた路上で「同じようなヘビを見た」と通りかかった人から警察に通報がありました。

警察官が駆けつけると現場には体長80センチほどのヘビがいてすぐに捕獲されましたが、頭部などに傷があり、まもなく死んだということです。

警察は、ヘビにはボールニシキヘビの特徴の茶色と黒色のまだら模様があるものの、3日前に見つかったヘビと大きさが異なるため、現段階では同じ個体と断定できないとして、今後、専門家に調べてもらうことも検討するとともに、引き続き、住民に注意を呼びかけることにしています。

ページトップに戻る