1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. オミクロン株対応 2価ワクチンとは 接種対象や効果 いつから打てる?

オミクロン株対応 2価ワクチンとは 接種対象や効果 いつから打てる?

  • 2022年8月30日

新型コロナウイルスのオミクロン株に対応したワクチンの接種について政府は、当初予定を前倒しし、早ければ9月半ばにも開始するとしています。使用が想定されているファイザーとモデルナが開発中のワクチンの仕組みや効果についてのデータ、さらに今後のワクチン接種への対応について専門家の見解をまとめました。

オミクロン株対応のワクチン 開発の背景

WHO=世界保健機関によると、従来のワクチンでもオミクロン株を含むすべての新型コロナウイルスに対して高い重症化予防効果があるとしています。
しかし、従来のワクチンは、従来株に比べオミクロン株への感染や発症予防の効果が低いほか、打ってから時間がたつほど効果が弱まることなどから、ファイザー社やモデルナ社などがオミクロン株対応のワクチンの開発を進めていました。

BA.1対応型ワクチンの接種開始を決定

厚生労働省は8月8日、専門家で作る分科会を開き、現在、国内で流行しているオミクロン株に対応したワクチンの接種について審議しました。
その結果、接種の対象を2回目までの接種を終えたすべての人として、10月中旬以降に開始する方針を決めました。

さらに政府は、感染の第7波が続く中で速やかに接種を行う必要があるとして、開始時期を、早ければ9月半ばにも開始する方針を決めました。
厚生労働省は、専門家による審議会でオミクロン株に対応したワクチンの承認に向けた手続きをとることにしています。

新しいワクチンは、従来株に由来する成分とオミクロン株のひとつ、「BA.1」の2種類を組み合わせた「2価ワクチン」と呼ばれるもので、今回、日本が導入を決めたのは「BA.1対応型」といわれているものです。

使用を想定しているのはファイザーとモデルナが開発中のワクチンで、薬事承認されれば、政府は、接種事務を担当する自治体とも調整を進めた上で、接種を開始する方針です。

ワクチンの効果 ファイザーとモデルナの報告

ことし6月にアメリカのFDA=食品医薬品局にファイザー社が示した臨床試験の結果によると、56歳以上を対象に「BA.1対応型」を4回目で接種したところ、従来型ワクチンを4回目に接種した人と比べ、オミクロン株の派生型「BA.1」に対しウイルスの働きを抑える中和抗体の値が平均で1.56倍から1.97倍上昇したということです。

また、現在流行している「BA.5」に対しては、「BA.1」には劣るものの中和抗体の値の上昇がみられたと報告しています。

またモデルナ社も、「BA.1対応型」の2価ワクチンでも、中和抗体の値を従来のワクチンと比較すると、「BA.1」に対して平均で1.75倍上昇を示したと報告しています。

BA.4/5対応型ワクチン

海外では、FDA=食品医薬品局が、製造販売業者に対して、現在流行しているオミクロン株の派生型「BA.5」の成分を混ぜた「BA.4/5対応型」の2価ワクチンの開発を勧告していますが、EMA=欧州医薬品庁では、2価ワクチンに入れるオミクロン株の派生型によって、効果に大きな差があるとはせず、現時点で絞り込みを行っていません。

厚生労働省では「BA.4/5対応型」の2価ワクチンでは、輸入が9月よりも遅れるとみていて、いち早く利用が可能な「BA.1対応型」のワクチンを選択しました。

接種間隔のシミュレーション

オミクロン株に対応したワクチンの接種では、前回の接種とどの程度の間隔をあけるのかは現時点では明らかになっていません。このため、厚生労働省は8月8日の分科会で前の接種との間隔については留意が必要だとして、シミュレーションを示しています。

オミクロン株に対応したワクチンの接種間隔を海外の治験データなどから「5か月」と仮定していて、60歳以上の人は4回目の接種のピークが始まった7月以降に接種をした場合、ことし12月以降に多くの人がオミクロン株対応ワクチンを接種する時期を迎えるとしています。

ファイザー・モデルナ 国内承認申請

オミクロン株に対応した新型コロナウイルスのワクチンについて、アメリカの製薬大手、ファイザーは8月8日、厚生労働省に承認を求める申請を行いました。対象は12歳以上で、オミクロン株対応のワクチンの承認申請は国内では初めてです。

ファイザーの発表によりますと、申請したのはオミクロン株のうち「BA.1」と従来の新型コロナウイルスの2種類に対応する「2価ワクチン」というタイプで、このワクチンについてファイザーは7月、EMA=欧州医薬品庁に対し、承認申請を行っています。

また、モデルナも、8月10日、厚生労働省にこのワクチンの承認を求める申請を行っています。

専門家 “オミクロン株対応のワクチンは必要”

新型コロナウイルスのオミクロン株に対応したワクチンの接種について、ワクチンに詳しい北里大学の中山哲夫特任教授に聞きました。

〇新たなワクチンの必要性
オミクロン株は変異している部分が多く、ウイルスの特徴がかなり変わってきている。いま使われているワクチンはオミクロン株には対応しきれない面があり、オミクロン株対応のワクチンは必要になってくると思う。

〇3回目未接種の人は
現状でこれだけ感染が広がり、重症者も増えている状況なので、まだ3回目の接種を済ませていない人は、オミクロン株対応のワクチンを待つのではなく、いま使用できるワクチンを接種することを考えてほしい。

〇BA.5対応ワクチンは
いま広がっている変異ウイルスに近いワクチンの方が、いまの変異ウイルスに対する高い免疫の反応を誘導できる一方、私たちには従来株のワクチンで得た免疫の記憶が残っている。その記憶を生かすためには、従来株とオミクロン株を一緒にしたワクチンを接種する方が理にかなっている。
また、いま世界で広がっている『BA.5』に対応したワクチンの開発も進められているが、完成までに数か月はかかるだろう。それを待つよりもこれから出てくるワクチンを接種した方がいい。

5歳~11歳の接種 「努力義務」に

5歳から11歳の子どもへのワクチン接種をめぐっては、厚生労働省はことし2月、接種の呼びかけは行うものの、オミクロン株に対する有効性が明確でなかったことなどから、当面は、「努力義務」としないことを決めていました。

しかし、厚生労働省の専門家で作る分科会では8日、オミクロン株への効果や安全性に関するデータが集まってきたとして、接種を受けるよう保護者が努めなければならない「努力義務」とすることが了承されました。

「努力義務」とは
・接種を受けるよう努めなければならないとする予防接種法の規定
・接種を受けるかは本人が選択できる
・法的な強制力や罰則なし

ページトップに戻る