1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. ノババックスの副反応 “他社ワクチンに比べ低い” 厚労省研究班

ノババックスの副反応 “他社ワクチンに比べ低い” 厚労省研究班

  • 2022年8月8日

アメリカの製薬会社、ノババックスが開発した新型コロナウイルスワクチン、ことし5月から接種が始まっています。
3回目の接種で、ノババックスのワクチンを接種した人の、抗体や副反応についての分析結果を厚生労働省の研究班が初めて公表しました。
免疫を増強する効果が確認されたほか、発熱などの副反応が起きた割合が他社のワクチンに比べて低いといえる結果になったとしています。

ノババックスのワクチンとは

アメリカの製薬会社、ノババックスが開発した新型コロナウイルスワクチンは、「組換えたんぱくワクチン」という種類です。

遺伝子組み換え技術を使って、ウイルスの表面にある突起で、抗体が攻撃する際の目印となる「スパイクたんぱく質」を人工的に作り出して接種します。

ファイザーやモデルナの「mRNAワクチン」とアストラゼネカの「ウイルスベクターワクチン」では、遺伝情報を伝達する物質や遺伝子を投与して体内で新型コロナウイルスのスパイクたんぱく質ができるようにして抗体を作るようにしていましたが、ノババックスのワクチンは人工的に作ったスパイクたんぱく質そのものを投与することで、免疫の反応を引き起こします。

日本国内では武田薬品工業の山口県の工場で生産していて、ことし1年間で、1億5000万回分が供給される契約になっています。

公的な接種としてことし5月末に接種が開始され、2回目まではアストラゼネカのワクチンを打った人など主に3回目の接種に使用されることが想定されています。

接種できるのは、1回目と2回目接種では、12歳以上の人、3回目接種では18歳以上の人となっていて、厚生労働省は都道府県に対して接種会場を少なくとも1か所は設置するよう求めています。

抗体の値や副反応は?

厚生労働省の研究班は、ことし5月から接種が始まったノババックスのワクチンを3回目に接種した人、あわせて58人の変異する前の従来株に対する抗体の値や、副反応を分析した結果を公表しました。

このうち抗体の値では、3回目を接種してから1か月が経過した7人を対象に、接種する前と比較したところ、平均で31.9倍だったとしています。

一方、副反応が起きた割合は次の通りとなっています。

37度5分以上の発熱 10.3%
全身のけん怠感 39.7%
頭痛 27.6%

研究班が調査したノババックス以外のワクチンの副反応の頻度のデータは、次の通りとなっています。

・37度5分以上の発熱 ファイザー 39.7% モデルナ 62.9%
・全身のけん怠感 ファイザー 69% モデルナ 75.6%
・頭痛 ファイザー 55.1% モデルナ 64.5%

研究班は「統計学的にノババックのワクチンは他社のワクチンより副反応の頻度が低いといえる結果になった」としています。

研究班代表 順天堂大学医学部 伊藤澄信特任教授
「調査の母数がまだ少ないものの、重症化予防などが期待される免疫の増強効果が確認された。季節性インフルエンザのワクチンと比べても、副反応の頻度は統計学的にほぼ同じ程度かあるいは少し高い程度で、今後さらに数を集めて詳しく分析していきたい」

ページトップに戻る