1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 新型コロナ水際対策 入国制限緩和の内容 外国人観光客受け入れは

新型コロナ水際対策 入国制限緩和の内容 外国人観光客受け入れは

  • 2022年5月30日

新型コロナの水際対策をめぐり、政府は、6月から1日あたりの入国者数の上限を2万人に引き上げることになりました。また、外国人観光客の入国も6月10日から再開されます。
水際対策や外国人観光客受け入れをめぐる動きをまとめました。(30日情報追記)

入国者数の上限 6月から2万人に

6月からの水際対策について、松野官房長官は記者会見で、「オミクロン株に関する知見、各国・地域における流行状況、日本への流入状況などのリスク評価、ワクチンの有効性などを踏まえ各国・地域からの流入リスクを総合的に勘案し、措置の見直しを実施する」と述べ、緩和することを明らかにしました。
具体的には、1日あたりの入国者数の上限を今の1万人から2万人に引き上げることにしています。

検疫措置 検査の陽性率に応じ実施

アメリカや韓国、イギリスなどリスクが低いと判断した合わせて98の国と地域
・ワクチン接種を受けていなくても入国時の検査や自宅などでの待機措置を免除。
・入国者のおよそ8割に相当。
・ただし、入国時のサーモグラフィーによる検温で発熱が確認された場合などは検査や宿泊施設での待機を求めることも。

インドやベトナムなど合わせて99の国や地域
・3回のワクチン接種を受けていれば検査や待機措置を免除。
・3回接種していない場合は検査を行ったうえで最短でも3日間の自宅などでの待機を求める方針。

パキスタン、フィジー、アルバニア、シエラレオネ
・これまでどおり検査を継続。
・3回の接種を受けている場合は自宅で、受けていない場合は国が指定する宿泊施設で最短でも3日間の待機を求める。

厚生労働省はリスクの評価の方法について「それぞれの国や地域の感染状況や、出国前の検査が機能しているかなどを総合的に判断した。今後、状況を見て評価を変更することもある」としています。

外国人観光客の入国再開へ

政府は新型コロナの水際対策で止めていた外国人観光客の入国を6月10日から再開することを決めました。
98の国と地域を対象とし、感染対策を徹底するため、まずは、添乗員付きのツアー客に限定することにしています。

岸田総理大臣は、26日夜、都内で講演し外国人観光客の受け入れを6月10日から再開する考えを表明しました。

新型コロナウイルスの水際対策をめぐっては、政府は、6月1日から一日当たりの入国者数の上限を、今の1万人から2万人に引き上げることにしていて、観光目的の入国もこの枠の中に含まれます。

入国の対象は新型コロナの陽性率による区分けで最もリスクの低いとされるアメリカや韓国、中国など98の国と地域が対象になるということです。

さらに、感染拡大を防ぐため当面、添乗員付きのツアー客に限定することにしています。

外国人観光客の受け入れ再開は、新型コロナで大きな打撃を受けた観光業や地域経済の回復につながることも期待されますが、年間3000万人を超えていたコロナ前に戻るには時間がかかるとの指摘もあります。

今後、感染対策を徹底しながら入国枠を拡大できるかどうかが課題となります。

全日空の井上慎一社長
「再開は朗報だ。円安も重なり訪日需要はますます高まっている。地域経済活性化のためスピード感を持ってG7各国並みに水際対策の緩和や撤廃がさらに進むことを切望する」

首都圏各地では期待の声

政府が新型コロナの水際対策で止めていた外国人観光客の入国を6月10日から再開することについて、アジア圏から多くの観光客が訪れていた茨城県牛久市の「牛久大仏」では、期待の声が聞かれました。

牛久大仏は、高さが120メートルあり、「青銅製の立像」としては世界一と、「ギネス世界記録」に認定されています。

コロナ前は、仏教徒の多いタイやベトナム、台湾などから多くの観光客が参拝に訪れ、ピーク時には毎日のように団体バスが止まっていたといいます。

牛久大仏 宮崎弘子広報部長
「仏教国のかたは非常に熱心な方が多いので、大仏を目当てに来ていましたが、コロナの影響でかなり減った状態でした。インバウンドが増えるとそれに伴い国内の団体のお客様も増えると思いますし、非常に期待しています」

また、群馬県にある土産物として人気の「創作こけし」の工房では、売り上げの増加に期待する声が聞かれました。

「創作こけし」は、伝統的なこけしと違い、自由な形とデザインが特徴で、多くが群馬県で生産されています。

日本の土産として特に外国人に人気があり、生産がさかんな群馬県榛東村の工房では、おかっぱ頭の女の子のこけしなどを年間10万個以上販売してきましたが、新型コロナの影響で外国人観光客が減り、売り上げは大きく落ち込みました。

国内の需要を取り込もうと県のマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」やアニメのキャラクターのこけしなども販売しましたが、売り上げは新型コロナの前の半分以下にとどまっているということです。

こうした中で来月10日から外国人観光客の受け入れが再開されることになり、工房では全国の観光地向けに生産を増やしてイベントなどにも出店したいとしています。

「卯三郎こけし」岡本義弘副社長
「外国人観光客が増えていくのを見据えられるようになって『ようやくか』という気持ちです。群馬県を盛り上げるためにも地域で連携して、創作こけしを広めていきたい」

ページトップに戻る