1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 新型コロナ マスク着用どうなる?屋外で距離十分なら外しても

新型コロナ マスク着用どうなる?屋外で距離十分なら外しても

  • 2022年5月12日

新型コロナ対策でのマスクの着用について、松野官房長官は、基本的な感染予防策として重要だという認識を示す一方、気温や湿度が高いときは熱中症のリスクが高くなるとして屋外で十分な距離が取れる場合は外すことを推奨していると説明しました。
マスクの着用をめぐる国内外のうごきをまとめました。

屋外で距離十分 マスク外すこと推奨

松野官房長官は午前の記者会見でマスクの着用についての見解を問われ「新型コロナの感染経路は飛まつやエアロゾルの吸入、接触感染であり、子どもも含めてマスクの着用は感染の基本的な予防策として大変重要だと認識している」と述べました。

一方で、特に気温や湿度が高いときは熱中症のリスクが高くなるとして屋外では2メートル以上の十分な距離がとれる場合はマスクを外すことを推奨していると説明しました。

そして、マスクの着用を含めた基本的な感染対策のあり方について、引き続き感染状況やウイルスの特徴も踏まえ専門家の意見も聴きながら検討する考えを示しました。

学校での着用 体育は不要

学校でのマスクの着用をめぐって末松文部科学大臣は、参議院文教科学委員会で次のように述べました。

末松文部科学相
「夏を迎える中で、熱中症が命に関わる問題なので、基本的な感染対策とあわせて熱中症への対策の徹底が不可欠だ。そく命に関わる熱中症の対策が優先されるのは当たり前だ。
体育の授業で着用は必要なく、屋内でもたいへんな湿度の場合は外してもらいたい」

都モニタリング会議 適切な着用あり方検討

都の専門家は、マスクの着用について感染症のリスクと夏の熱中症のリスクにそれぞれに備える必要があるとして、今後、専門家ボードで適切なマスクの着用のあり方について検討していく考えを示しました。

都のモニタリング会議で、都の専門家ボードの座長で、東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授は、海外でのマスクの状況について着用の義務がない国や医療関係施設などで着用を義務づけている国など国ごとに対応が分かれていると説明しました。

また、国内では、専門家などから「屋外では、マスク着用を見直してもいいのではないか」などさまざまな発言があることを紹介しました。

賀来特任教授は、今後、専門家ボードで議論して適切なマスクの着用のあり方について検討し、具体的な事例などを交えながらメッセージを発信していく考えを示しました。

都専門家ボード座長 賀来特任教授
「マスクの正しい着用は基本的な感染症対策として非常に有用だ。夏に向けては熱中症対策も重要で、感染症と熱中症の両方のリスクに備え、マスクとうまく付き合っていく必要がある」

EU 機内のマスク着用義務解除

EU=ヨーロッパ連合の航空行政を担う当局は、新型コロナウイルス対策として続けてきた空港や飛行機の機内でのマスク着用義務の勧告を解除すると発表しました。

EUの航空行政を担うEASA=ヨーロッパ航空安全庁とECDC=ヨーロッパ疾病予防管理センターは11日、空港や飛行機の機内で医療用マスクを着用すべきとしてきた勧告を5月16日に解除すると発表しました。

ワクチン接種が広がったことやヨーロッパ各国で規制緩和が進んでいることを踏まえた判断だとしています。

EASA パトリック・カイ事務局長
「乗客と乗員にとって、空の旅の正常化に向けた大きな前進だ」

一方で、マスクが感染を防ぐ重要な対策であることに変わりはないとして、勧告の解除のあとも航空会社が着用を求める場合は従う必要があるとしています。

ヨーロッパではマスクの着用義務の撤廃が進んでいて、フランスでは11日、公共交通機関で義務づけられてきたマスクの着用が5月16日に撤廃されることが発表され病院などをのぞくほぼすべての場所で着用義務がなくなることになりました。

アメリカ全50州 着用義務なくなる

アメリカ・ハワイ州は3月25日で屋内でのマスクの着用義務を終了すると発表し、アメリカの50の州すべてでマスクの着用義務がなくなることになりました。

ハワイ州のイゲ知事は、新型コロナウイルス対策として実施されてきた屋内でのマスクの着用義務を3月25日で終了すると発表しました。

イゲ知事
「州内での感染者や、入院する人の数が十分に少なくなり、多くの住民にとって屋内でマスクをしなくても安全になった」

また、アメリカ国内からハワイ州に来る人に対して求めていたワクチンの接種証明の確認や、接種していない人などの隔離義務もなくすとしています。
ハワイ州がマスクの着用義務を終了することで全米50の州すべてでマスクの着用義務がなくなることになります。

アメリカではオミクロン株の感染拡大がピークを過ぎ、社会の正常化を目指す動きが加速していて、アメリカ政府も重症者数や医療機関の病床の空き具合を指標として感染対策のレベルを切り替えることや検査で陽性となったらその場で治療薬が手に入る態勢作りなどを柱とした出口戦略を発表しています。

シンガポール・韓国 屋外での着用義務撤廃

シンガポール政府は、新型コロナウイルスの新たな感染者数が減少傾向にあるとして、3月29日から屋外でのマスクの着用義務を撤廃しました。
ただ、ショッピングモールやオフィスなどの屋内や公共交通機関では、引き続きマスクを着用することが義務づけられています。

韓国では、5月2日から50人以上が参加する集会などをのぞき、原則として、屋外でのマスク着用の義務が解除されました。
ただ市民からはどこまでが「屋外」と認められるかについて、わかりにくいという指摘も出ていて韓国の公共放送KBSは、地上にある鉄道の駅やカフェのテラス席など天井や屋根があっても四方がふさがれていなければ「屋外」となると伝えています。

韓国では、4月には、飲食店の時短営業や私的な集まりの人数制限を撤廃するなど規制の緩和を進めていますが、感染が再拡大することへの懸念も出ています。

ページトップに戻る