1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. ワクチン3回接種のコロナ感染割合 2回の3分の1以下 東京都調査

ワクチン3回接種のコロナ感染割合 2回の3分の1以下 東京都調査

  • 2022年5月3日

新型コロナウイルスの感染とワクチン接種歴にはどのような関係がみられるのでしょうか。
東京都が、新規陽性者のワクチン接種歴を調べた結果、3回接種していた人で感染が確認された人の割合は、2回接種した人の3分の1以下だったことがわかりました。

3回は0.11% 2回は0.36%

東京都は、ことし3月1日から4月18日までに都に報告された新規陽性者のワクチン接種歴を調査・分析しました。
それによりますと、未接種の人で感染が確認された人の割合が平均で0.53%だったのに対し、1回接種した人で0.48%、2回接種した人で0.36%でした。 これに対して、3回接種した人で感染が確認されたのは平均で0.11%となり、割合は2回接種した人の3分の1以下でした。

重症化割合も4分の1

また、重症化した人の割合も3回接種した人は2回の人に比べて4分の1以下でした。

都の担当者
「今回のデータからもワクチンの接種が感染や重症化を予防する効果があるとみられる。引き続き、3回目の接種を推進していきたい」

 

ページトップに戻る