1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 大型連休「ぼたん」「シバザクラ」「フジロード」「ネモフィラ」は

大型連休「ぼたん」「シバザクラ」「フジロード」「ネモフィラ」は

  • 2022年4月29日

首都圏各地の花の名所では大型連休中に見ごろを迎えるところもあります。千葉県茂原市の「茂原牡丹園」、埼玉県秩父市の「芝桜まつり」、神奈川県藤沢市の「フジロード」、茨城県ひたちなか市の「ネモフィラ」、NHKが撮影した4月下旬の様子です。

千葉県茂原市「茂原牡丹園」のぼたん

茂原市にある「茂原牡丹園」では、江戸時代に建てられた古民家の庭に、およそ200種類、2000株のぼたんが育てられています。
ことしは春先に気温が低い日が続いたため、去年より10日ほど遅く早咲きの品種が見頃を迎えました。

ぼたんの花は、5月の大型連休いっぱい楽しめるということです。

埼玉県秩父市「羊山公園」のシバザクラ

秩父市の羊山公園では、1.8ヘクタールの丘陵地におよそ40万株のシバザクラが植えられ、4月下旬から見ごろを迎えています。
毎年、この時期に開いている「芝桜まつり」は、新型コロナの影響でおととしと去年は中止や規模の縮小を余儀なくされましたが、ことしは感染対策を呼びかけたうえで、3年ぶりに通常通り開催し、多くの見物客でにぎわっています。

シバザクラは5月上旬まで楽しめるということです。

神奈川県藤沢市「フジロード」の藤の花

藤沢市では、藤の花が見られる公園や神社などを結ぶ道が「フジロード」と名付けられ、市民団体が観光名所として紹介しています。
このうち白旗神社では、長さ20メートルほどの藤だなから垂れ下がった薄紫色の花が風に揺れる様子を楽しむことができます。

また、社務所の前にあり白い花が咲く藤は、まだ、つぼみが多く、1週間ほどしてから見頃を迎えるということです。
「フジロード」を紹介している市民団体、「藤倶楽部」の冨田改代表によりますと、見頃はしばらく続くということです。

茨城県ひたちなか市「国営ひたち海浜公園」のネモフィラ

ひたちなか市の国営ひたち海浜公園では、およそ4.2ヘクタールの丘にネモフィラがおよそ530万本植えられています。ことしは、例年よりもやや早く、4月中旬に見ごろを迎え、青い花が丘一面を埋め尽くすように咲きそろっています。

公園は新型コロナ対策のため分散して来園するよう呼びかけていて、4月29日から5月5日まで、開園時間を通常より早めて午前7時にするほか、ウェブサイトで混雑具合の予想を示したカレンダーを公開するなどしています。
ネモフィラは、5月初めの大型連休いっぱい見ごろが続くということです。

ページトップに戻る