1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 世田谷区がコロナ後遺症調査 無症状でも約3割に後遺症 詳しく

世田谷区がコロナ後遺症調査 無症状でも約3割に後遺症 詳しく

  • 2022年4月11日

東京・世田谷区が行った新型コロナの後遺症に関するアンケートで、新型コロナは無症状でもその3割には後遺症は出たことがわかり、専門家は「新型コロナで無症状でもけん怠感や嗅覚障害など後遺症が出るケースが多くあり注意が必要だ」と指摘しています。

世田谷区がコロナ後遺症調査

世田谷区は去年4月から9月末までに把握した区内の新型コロナの感染者を対象に後遺症に関するアンケート調査を行い、6289件の回答を得ました。
このうち、後遺症が出たと回答したのは3408人で、全体の54.2%にあたり、半数を超えました。

男女別

男女別は次の通りです。

男性:46%
女性:62.2%

年代別

年代別にみると、30代と40代で60%を超えています。

療養中の症状別

また、新型コロナは無症状だった2355人のうち、31.8%にあたる749人に後遺症が出たということです。

後遺症の症状

後遺症の症状としては全身のけん怠感や嗅覚や味覚の障害などが多くなっています。

専門家「無症状でも後遺症 注意が必要」

調査結果の分析にあたった東京大学の伊東乾准教授は、「新型コロナで無症状でも後遺症が出るケースが多くあり注意が必要だ」と指摘しています。

世田谷区は後遺症の相談窓口を保健所に設置していて、相談に応じたり、後遺症外来を紹介したりしています。
電話番号は「03-5432-2910」です。

ページトップに戻る