1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 東京都 まん延防止等重点措置延長 飲食店の時短要請や酒提供などは?

東京都 まん延防止等重点措置延長 飲食店の時短要請や酒提供などは?

  • 2022年3月7日

東京都は、まん延防止等重点措置が3月21日まで延長されたことを受け、飲食店への時短営業や都民への外出自粛の要請を継続することを決めました。その詳しい内容です。

3月21日まで延長

3月6日が期限のまん延防止等重点措置は3月21日まで延長されることになりました。

飲食店への要請

このうち、飲食店の営業時間の短縮要請については引き続き、認証を受けている店では、酒の提供を行い、午後9時までとするか、酒の提供を行わないで午後8時までとするか店側に選択してもらいます。

認証を受けていない店では、酒の提供を行わず午後8時までの営業とするよう要請します。

そして、すべての飲食店に対し、同じグループの利用は4人以内とし、5人以上は、検査で陰性だったことが確認できた場合に限るよう求めます。

飲食店への協力金

飲食店への協力金は、これまでと同様に売り上げの規模などに応じて、1日あたり2万5000万円から20万円となっています。
1回目の延長期間に入った2月14日から、3月21日までの間、全面的に要請に応じた店が支給の対象です。

〇協力金
・1日2万5000円~20万円(売上規模などによる)
・2月14日~3月21日 全面的に応じた店が対象

イベント開催について

イベントについては、規模などの要件に沿って開催するよう要請します。

大声を出すことを積極的に推奨するイベントは、収容の定員が1万人までの場合は定員の半分まで、定員が1万人を超える場合は5000人までの入場を可能とします。

それ以外のイベントは、定員が5000人以下の場合は定員いっぱいまでの入場が可能です。
定員が5000人から2万人までは、具体的な対策を記載した「感染防止安全計画」を策定すれば、定員いっぱいまでの入場を可能とします。

定員が2万人を超える場合は、計画の策定に加えて陰性の検査結果を確認すれば、定員いっぱいまでの入場ができるとしています。

都民や飲食店以外の施設への要請

都民に対しては、引き続き、不要不急の外出は自粛し、混雑している場所や時間を避けて行動するとともに、基本的な感染対策を徹底し、感染の不安がある場合は検査を受けるよう要請します。

〇都民への要請
・不要不急の外出の自粛
・混雑の場所や時間をさける
・基本的な感染対策の徹底
・感染の不安ある際は検査を

また、商業施設など、飲食店以外の施設に対しては業種別のガイドラインを順守することなどを要請します。

都立施設の対応

都は、都立施設については動物園などを休園とするほか、スポーツ施設などは利用時間を午後9時までに短縮する対応を継続します。
そして、上野公園や井の頭公園などでの花見については、特定のエリアの立ち入りを禁止し、宴会は自粛するよう求めています。

ページトップに戻る