1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. コロナ感染急拡大 保育園の休園 過去最多水準に「仕事行けない」

コロナ感染急拡大 保育園の休園 過去最多水準に「仕事行けない」

  • 2022年1月21日

新型コロナウイルスの感染の急拡大が止まらない中、保育の現場にも影響が出ています。
子どもや職員が感染し全面休園となっている保育所などの数は、1月13日時点で86か所で、1週間で12倍以上に。厚生労働省は、20日時点の状況の集計を進めていますが、過去最多の水準となる見通しだということです。

“仕事に行けない” “登園いつできるのか”

感染が急拡大する中、保育現場にも大きな影響が出ています。
SNSには、保育園が休園になって仕事に行けないなどの投稿が相次いでいます。

「明日から保育園が休園になりました。仕事も行けません」
「保育園休園のため妻と交互にお休み中」
「コロナ初期のころみたい。1人陽性出ただけで休園、登園はいつできるのか」
「休園した場合、どうするか考えておかないと」

保育園の休園 過去最多水準の見通し

厚生労働省が全国からの報告をまとめたところによりますと、施設内で子どもや職員が感染し全面休園となった保育所やこども園は、次の通りです。

1月13日時点で14都道府県の86か所に上っています。
1月6日の段階で全面休園は7か所で、1週間で12倍以上になりました。
去年10月下旬以降は10か所以下で推移していましたが、13日は第5波のさなかだった去年9月に並ぶ水準にまで増加。
厚生労働省は、20日時点の状況の集計を進めていますが、過去最多の水準となる見通しだということです。

感染対策徹底していても・・・

3歳から6歳までの約90人が通う東京 台東区の保育園では1月9日以降、3つあるうちの1つのクラスを中心に感染が相次ぎました。これまでにこのクラスで感染した園児は6人、園全体では7人に上っています。

保育園では感染者が出た段階で保健所と相談し、17日から19日まで全面休園としました。
これまで園児には全員マスクを着用してもらうほか、給食の時間は透明の板を使って仕切ったり、手洗いやおもちゃの消毒を徹底したりして感染対策を取っていたということです。

東京都が都内区市町村の報告をまとめたところ、18日の時点で新型コロナウイルスの影響による保育園などの全面休園は39、一部休園は25に上っているということです。

保育園運営の社会福祉法人 遠藤正明理事長
「保育士が負担し合いながら感染対策を徹底してきましたが難しかったです。保育園を継続して開けることは社会的使命だと思っていて、休園となってしまったことは申し訳なく思っています。今後は保護者の協力も得て、新しい対策を考えコロナを乗り越えていきたいです」

職員が「濃厚接触者」 厳しい運営に直面

園を開いていても、職員が濃厚接触者となって出勤できないなどして、厳しい運営に直面しているところもあります。

千葉県八千代市の保育園は6クラスがあり130人余りの園児が通っています。26人の保育士が働いていますが、うち1人が先週家族に感染者が出て濃厚接触者となったことから、その後出勤できなくなっています。

今週に入ってからは、自身の子どもが発熱したという職員も出ました。保育園では今回は慎重に対応する必要があるとしてこの職員に出勤を控えてもらいました。

複数の職員が出勤できないと子どもに目が届かなくなるおそれがあることから、当日の園児の出欠状況を見て職員の配置を見直すなど難しい対応を迫られています。

状況や時間帯によっては、2つある庭のうち1つを使えないようにして子どもの行動範囲をいつもより狭くするといった対応も取っているということです。

第二勝田保育園 丸山純園長
「今まで以上に緊張した毎日が続いています。園を開けている限り仕事の量は変わりませんが、人員はいつもより少ない状態なので毎日綱渡りのような感覚です」

ページトップに戻る