1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 東京都 コロナ警戒レベル最も深刻に「社会活動停止の可能性」

東京都 コロナ警戒レベル最も深刻に「社会活動停止の可能性」

  • 2022年1月20日

急速な拡大が続く東京都内の感染状況について、都の専門家は最も深刻な警戒レベルに引き上げました。
専門家は「社会活動の停止を余儀なくされる可能性がある」などと述べ、強い危機感を示すとともに重症化リスクの高い高齢者の感染が増えているとして、家庭内や高齢者施設などで対策を徹底するよう呼びかけました。

1週間後 1万8266人の推計

20日開かれた都のモニタリング会議で、都内では19日までの新規陽性者の7日間平均が4555.3人となり、1週間前の1135.7人からおよそ4倍に増加したことなどが報告されました。

またこのままの増加比が続けば、1週間後の1月27日には、感染確認が1万8266人になるという推計が明らかされました。

専門家
「第5波の立ち上がりをはるかに上回るスピードで増加しており、これまでに経験したことのない危機的な感染状況となる可能性がある。感染拡大が急速に進んでおり、社会活動の停止を余儀なくされる可能性がある」

専門家は、都内の感染状況の警戒レベルを1段引き上げ、4段階のうち最も深刻なレベルにしました。感染状況の警戒レベルは3週連続で引き上げられ、最も深刻なレベルになるのは、去年9月24日以来です。

また、会議では今月17日までの1週間に65歳以上の高齢者の感染が1184人確認され、前の週の4倍あまりに増えていることが報告されました。

専門家は、「高齢者は重症化リスクが高く、入院期間も長期化することが多い」として家庭内や高齢者施設などで対策を徹底するよう呼びかけました。

一方、会議では、都内の入院患者が19日時点で1805人と、1週間前より851人増え、重症患者も10人となり、1週間前より6人増加したことが報告されました。

専門家は、医療提供体制の警戒レベルを1段引き上げ、4段階のうち上から2番目のレベルにしました。レベルの引き上げは2週連続で、上から2番目になるのは去年10月14日以来です。

専門家 医療体制ひっ迫危惧

専門家は、このままの水準で新規陽性者が増加した場合、新たに発生する入院患者は都が確保している病床数を超えるおよそ7160人にのぼるとみられると指摘し、「医療提供体制のひっ迫が危惧される」と述べ、強い危機感を示しました。

国立国際医療研究センター 大曲貴夫国際感染症センター長
「社会活動を維持し、都民の生活を守るための対策を早急に講じる必要がある。人との接触の機会を減らすため外出や買い物の回数を減らすことや、自分や家族が感染者や濃厚接触者となり外出できなくなった場合を想定して、生活必需品を準備することなどを都民に呼びかける必要がある。新規感染者のうち10歳未満と10代の割合が上昇している。12歳未満はワクチン未接種であることから保育園や幼稚園、学校生活で感染防止対策の徹底が求められている」

東京都医師会 猪口正孝副会長
「冬は緊急対応を要する脳卒中や心筋梗塞、骨折などの救急受診が多い。
しかし、それぞれの病院では新型コロナの患者の病床確保を進めているため、これらの患者の入院の受け入れが非常に難しくなっている。感染者や濃厚接触者となり就業制限を受ける医療従事者が多数発生すれば、病床が空いていてもマンパワー不足で患者の受け入れができなくなり通常の医療も含めた医療提供体制がひっ迫することが予測される」

小池知事
「オミクロン株は、皆さんのすぐ隣にいる。『自分が感染しているかも』、『大切な人を感染させてしまうかも』という意識も含めて、行動を決めてもらいたい。
(まん延防止等重点措置適用について)『感染を止める、そして社会を止めない』という考え方のもとで、何としても感染を抑え込んで、社会活動の基盤を守り抜いていく。一人ひとりの集合体としての結果にもなるので、是非とも協力をお願いしたい。これは法律に基づいた要請だ」

発熱相談センター相談急増で体制強化

新型コロナウイルスの感染の急拡大に伴い、都が設けた「発熱相談センター」の相談件数が急増していて、都は20日から電話番号を増やし、対応する回線も1.5倍に増強しています。

東京都は、発熱がある人で、かかりつけ医のいない人に対し、電話で相談に乗って地域の医療機関を案内する「発熱相談センター」をおととし10月から開設しています。
都によりますと感染の急拡大に伴い、相談件数が急増していて、1月1日に1000件あまりだったのが、18日は4800件あまりと5倍近くになりました。

電話がつながりにくい時もあるということで、都は、20日から番号を2つに増やしました。これまでの03-5320-4592は24時間受け付けていて、新たに設けた03-6258-5780は午前9時から午後5時まで対応します。
さらに、これまでの100回線から、2つの番号であわせて150回線に増強しました。
どちらの番号も英語や中国語、韓国語など11の外国語にも対応しているということです。都は、回線が込み合うことを避けるため新型コロナに対応できる「発熱外来」のある医療機関を知りたい場合は、電話をする前にまずは都のホームページで確認するように呼びかけています。

ページトップに戻る