1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 千葉県 まん延防止等重点措置 飲食店の時短要請や酒提供などは?

千葉県 まん延防止等重点措置 飲食店の時短要請や酒提供などは?

  • 2022年1月20日

新型コロナウイルス対策でまん延防止等重点措置が適用されたことを受けて千葉県が発表した要請内容の詳細です。要請の対象区域は県内全域で、期間は1月21日から2月13日までです。

県民への要請

千葉県は、県民に対して混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出・移動の自粛、飲食店を利用する際は県の認証や確認を受けた店で同じグループで4人以内とすることなどを要請します。

飲食店などへの要請

感染対策の認証や確認を受けている飲食店に対しては、酒類の提供の自粛を要請せず、一律で営業時間を午後9時までに短縮するよう要請します。ネットカフェやマンガ喫茶など夜間に長時間滞在する人が見込まれる施設は営業時間の要請の対象外となっています。
認証や確認を受けていない店に対しては、酒類を終日、提供しないよう求め、営業時間を午後8時までとするよう要請します。
すべての飲食店に対して利用人数は1グループ4人以内とします。

ただし、結婚披露宴については、県の認証や確認を受けた店で行い、PCR検査などで参加者全員の陰性を確認するという条件で、同じテーブルで5人以上も可能だとし、事業者が県に事前に申し出るよう呼びかけています。

飲食店への協力金

県の認証や確認を受けた飲食店が要請に応じた場合には協力金を支給します。全ての期間協力すると、中小企業または個人事業主の場合は以前の売り上げに応じて60万円から180万円が支給され、大企業の場合は売り上げの減少額に応じて1店舗あたり最大で480万円が支給されます。
県の認証や確認を受けていない飲食店には協力金は支給されません。

イベント主催者・大規模集客施設への要請

イベントの主催者に対しては、感染防止の計画を策定し、県による確認を受けた場合には人数の上限を2万人までとし、これ以外では人数の上限を5000人までとした上で大声を出す場合には収容率の半分とするよう要請します。

大規模な集客施設に対してはイベントと同様の人数制限を要請します。対象となるのは劇場や映画館、集会場、展示場、文化会館、ホテルや旅館の集会に使うスペース、運動施設や遊技場の一部、博物館、美術館などとなっています。

事業者への要請

いわゆるエッセンシャルワーカーが働く事業者やそれを支援する事業者には感染者や濃厚接触者が発生し欠勤者が多く発生する場合でも業務を継続するよう要請します。

また、すべての事業者に対して、業種別ガイドラインの順守やテレワークの活用などによる出勤者数の削減、従業員が感染者や濃厚接触者となった場合に備えて業務継続計画の策定や点検、見直しなどを要請します。

まん防に合わせたコロナ対応

千葉県はこのほか、まん延防止等重点措置の要請に合わせて、無症状の人を対象に現在、県内236の薬局などで行っている無料検査事業について、1月末までとしていた期間を見直し、当面の間実施することを決めました。

また、国の通知に基づいて医療従事者などのエッセンシャルワーカーが濃厚接触者となり、その人の業務が事業の継続に必要であるなど一定の要件を満たした場合、PCR検査または抗原定量検査の場合は、感染者と最後に接触した日から6日目、抗原定性検査キットを用いる場合は6日目と7日目の検査結果が陰性であれば待機を解除することを認めることにしました。

県立学校の対応

千葉県教育委員会は県立学校について地域の感染状況や交通状況を踏まえて、校長と協議のうえ時差通学を実施することを決めました。
また部活動については、県内外の学校との練習試合などの交流を中止するほか、活動は平日のみ、3日以内とすることを決めました。

ページトップに戻る