1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. オミクロン株 無症状や軽症“自覚ない感染者”から感染拡大おそれ

オミクロン株 無症状や軽症“自覚ない感染者”から感染拡大おそれ

  • 2022年1月11日

各地で広がりをみせる新型コロナウイルスの変異ウイルス、オミクロン株。
ワクチンによる発症予防効果は接種から時間がたつごとに下がり、重症化を予防する効果は一定程度保たれるというデータが出てきています。3回目の接種でこの2つの効果が上がるという報告もありますが、3回目を受けた人は0.6%。
こうした中、新型コロナの治療にあたってきた医師は、3回目の接種が本格化する前に、無症状や軽い症状のいわば“自覚のない感染者”から知らず知らずのうちに感染が広がってしまう事態に危機感を強めています。

医師 知らず知らず感染拡大のおそれ

川越市にある埼玉医科大学総合医療センター、感染症科の岡秀昭教授は7日、新型コロナの診療方法などを指導している、地域のクリニックを訪れ、オミクロン株の特徴について説明しました。

この中で、海外の研究でオミクロン株がデルタ株と比べて重症化の割合が低くなっていると報告されている一方で、感染力は従来の変異ウイルスと比べて非常に増していて、無症状や軽い症状のいわば“自覚のない感染者”から知らず知らずのうちに感染が広がるおそれがあると指摘しました。

このクリニックは訪問診療に特化していて、ホテルや自宅療養のコロナ患者への対応を予定しているということです。

岡教授は、ふだんから患者に接する際は、互いに感染しているかもしれないという仮定のもと、手袋やマスクの着用、手指消毒などの対策を徹底したうえで、医療スタッフは少しでもかぜのような症状があれば検査を受けてほしいと話していました。
そうすれば、いずれかが感染していても、それ以上、感染を広げずに済むと伝えていました。

クリニックのスタッフ
「症状がなくても実は感染しているかもしれない、感染を広げてしまうということが怖いと思いました」

岡教授
「感染していてウイルスを放出しているのに、あまり症状が出ず、自覚がなければ働いてしまうかもしれない。そのうえ空気感染に近い感染力を持っている。重症化率が下がっていると言っても、デルタ株と比べて下がっているだけで、インフルエンザと同等、またはそれ以上であり、楽観できない。第5波から医療体制が上積みされているとはいえ、患者の数が倍になれば医療のひっ迫は起こりえるので最悪の事態を想定して準備を急がないといけない」

高齢者施設 面会制限など対応検討せざるを得ない

岡教授は、埼玉県東松山市にある高齢者施設も訪れ、オミクロン株には、自覚のないまま感染しているケースがあることに注意を呼びかけました。この高齢者施設には、70代から100歳代まで40人あまりが入所していて、家族との面会を入り口の窓越しに行うなど制限してきました。

こうした対策の結果、これまでに施設内で感染者は出ておらず、去年12月からは感染状況が落ち着いたことを受けて、家族との対面での面会を始めていました。
一方、家族から「年末年始を自宅で一緒に過ごしたい」という要望が相次ぎましたが、今回の年末年始では、自宅への外出や外泊は見送り、年明けの状況を見て判断することにしていました。

こうした中、再び感染が急拡大しているうえ、岡教授から無症状や軽い症状のいわば“自覚のない感染者”から知らず知らずのうちに感染が広がるおそれがあると知らされたことで、再び面会を制限するなど対策を検討せざるを得ないとしています。

施設長の山田浩幸さん
「年末まで少ない感染者数で推移していたのに、年が明けて一気に緊張感が高まっています。入所者にとっては1日1日が大切で、家族との面会の機会をたくさん設けたいのですが、クラスターが起きれば元も子もないので、慎重な対応を取らざるを得ない」

ページトップに戻る