1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 富士吉田市出身 フジファブリック志村正彦さん代表曲 駅の放送に

富士吉田市出身 フジファブリック志村正彦さん代表曲 駅の放送に

  • 2022年1月5日

ロックバンド「フジファブリック」の元リーダーで2009年に29歳の若さで亡くなった山梨県富士吉田市出身の志村正彦さん。
志村さんが手がけた代表曲「若者のすべて」「茜色の夕日」が富士急行線の下吉田駅で電車が近づいた際の案内放送として人々を出迎えています。

代表曲が地元の駅の案内放送に

「フジファブリック」は山梨県富士吉田市出身の志村正彦さんをリーダーに、2004年にメジャーデビューしたロックバンドです。志村さんは2009年に29歳で亡くなりました。
志村さんの楽曲を多くの人に聞いてもらおうと、富士急行は志村さんが幼い頃に電車を見るために訪れたという富士急行線の下吉田駅で、電車が近づいたことを知らせる案内放送として代表曲を流しています。
この取り組みは、志村さんと中学校で同級生の富士急行の社員が声をあげ、実現したということです。

河口湖方面行きに「若者のすべて」。大月方面行きには「茜色の夕日」が、それぞれ電車が近づいた時に40秒ほど楽曲が流れます。

曲はメロディーへの編曲を行わず、志村さんの歌声とともに駅に響きます。

志村さんと中学校の同級生 取り組みを発案した富士急行事業部 渡辺千春さん
「彼が愛したというか生まれ育った富士吉田に音楽を流すことが実現できてよかったです。聴いた人に元気になってもらえたらうれしいです」

駅のホームに志村さんの紹介パネルも設置

下吉田駅のホームには志村さんを描いたイラストや曲の歌詞などを紹介するパネルが設置されました。
また、1月10日まで駅で流す2曲を表現したマークをつけた電車の運行も予定されています。

ページトップに戻る