1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 千葉県コロナ対策 飲食店の酒提供制限など全解除 10月25日以降

千葉県コロナ対策 飲食店の酒提供制限など全解除 10月25日以降

  • 2021年11月25日

千葉県は、新型コロナウイルスの感染対策で行っている酒の提供時間や営業時間の制限などの飲食店などへの要請を10月25日以降すべて解除したほか、「Go Toイート」のプレミアム付き食事券の利用期限を2月28日まで延長しました。千葉県の対応の詳細をまとめました。

千葉県 10月25日以降の対応を発表

新型コロナウイルスの感染対策について千葉県は、10月24日までを段階的な緩和期間として、引き続き飲食店などへの要請を行っていますが、感染状況の改善を受けて10月25日以降、飲食店や商業施設に行っている要請をすべて解除すると発表しました。

飲食店と商業施設への要請 すべて解除

県はこれまで、独自の厳しい基準で感染対策の認証を受けた飲食店「認証店」について、酒の提供時間や営業時間の制限をすべて解除しましたが、基本的な感染対策を取っている「確認店」は酒類の提供を午後8時まで、営業時間を午後9時までに、そのほかの飲食店は酒類の提供は自粛し、営業時間は午後8時までに要請していました。
また、ショッピングモールや劇場などの商業施設は、酒類の提供を自粛し、営業を午後9時までとするよう要請していました。

千葉県は、10月25日以降、飲食店や商業施設に行っている要請をすべて解除します。また、1グループ4人までとする利用制限も解除します。
こうした措置は11月30日まで行われその後は感染状況を踏まえて改めて判断するとしています。

「Go Toイート」2月28日まで期限延長

千葉県内で利用が再開されている「Go Toイート」のプレミアム付き食事券は、利用期限をさらに延長しました。これまでは12月15日まででしたが、新たな期限は2月28日としています。

イベントの制限緩和

収容定員が5000人を超える施設で、これまでイベントを行う際には満席とすることができませんでしたが、今後は「大声を出さない」ことを前提として、具体的な感染防止策を記載した感染防止安全計画をつくり、県の確認を受けた場合は、満席にできるようになりました。
ただし、制限の緩和を希望する場合は、原則として開催日の2週間前までに県への安全計画の提出が求められています。

県民への協力要請の緩和

午後9時以降の不要不急の外出の自粛について要請を解除します。一方、都道府県をまたいだ移動をする際には、基本的な感染防止策を徹底することや、感染が拡大している地域への不要不急の移動は控えることは引き続き協力を求めることにしています。
飲食店を利用する際は、「認証店」や「確認店」を選び、一定の距離を確保できる人数で利用すること、そして、会話をする際はマスクを着用し、箸やコップは使い回さないようにお願いしています。

ページトップに戻る