1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. “コロナ後遺症” 半年後も4人に1人 女性の方が症状出やすい

“コロナ後遺症” 半年後も4人に1人 女性の方が症状出やすい

  • 2021年10月11日

新型コロナウイルスに感染した半年後でも、4人に1人で後遺症とみられる症状が出ていたことが国立国際医療研究センターの調査で分かりました。女性の方が、においがしない、けん怠感、脱毛などの症状が出やすい傾向がみられたということです。

半年後「何らかの症状」26.3%

国立国際医療研究センターなどは去年2月以降新型コロナから回復した人のうち、20代から70代の457人についてその後の症状を聞き取って分析しました。
半年後でも26.3%の人になんらかの症状があり、発症から1年たった人で症状があったのは8.8%でした。

○半年後の症状
嗅覚の異常 7.7%
けん怠感 6.6%
息切れ 3.9%
味覚の異常 3.5%
脱毛 3.1%など

○1年後の症状
けん怠感 3.1%
息切れ 1.5%
嗅覚の異常 1.1%
味覚の異常 0.4%
脱毛 0.4%など

“後遺症” どれだけ続く?症状別

研究グループは新型コロナウイルスに感染し、回復した後、後遺症とみられる症状がどれくらい続くか、詳しく調べました。
症状ごとの結果は次の通りです。

○嗅覚の異常
発症から100日ほどあと 10%余
半年後 7.7%
約200日後 5%余
1年後 1.1%

○味覚の異常
発症から100日ほどあと 約5%
半年後 3.5%
1年後 0.4%

○けん怠感
発症直後は半数ほどの人で見られましたが、その後減少。
発症から100日ほどあと 約10%
半年後 6.6%
1年後 3.1%

○息切れ
1か月以内 20%ほど
100日ほどあと 5%程度
半年後 3.9%
1年後 1.5%

○脱毛
発症の直後はあまり見られず、遅れて起きる傾向。
発症から数か月の段階で10%ほどの人。
発症から100日ほどあと 8%前後
半年後 3.1%
1年後 0.4%

○物忘れなど記憶力の低下
半年後 11.4%
1年後 5.5%

○集中力の低下
半年後 9.8%
1年後 4.8%

○うつの症状
半年後 8.1%
1年後 3.3%

女性の方が“後遺症”出やすい

男女別では、女性は味覚の異常が男性のおよそ1.6倍、嗅覚の異常がおよそ1.9倍、けん怠感がおよそ2倍、脱毛がおよそ3倍、出やすかったということです。

さらに、若く、やせている人の方が味覚や嗅覚の異常が出やすく、新型コロナの症状が軽症でも後遺症とみられる症状が長引くケースがあるとしています。

このほか、研究グループは、新型コロナウイルスに感染し、症状が出たときに抗ウイルス薬やステロイド剤などの治療を受けたことと、症状が続くことに関連があるか調べましたが、明らかな関連は見られなかったということです。

研究グループは、後遺症とみられる症状が出るのを防ぐためにも、感染しないようにする対策やワクチンの接種が重要だとしています。

国立国際医療研究センター 森岡慎一郎医師

○症状別に詳しく判明

「これまでも、女性は男性と比較して後遺症が出やすいといわれてきたが、今回は症状別に脱毛や味覚・嗅覚障害、けん怠感に関しても女性の方が出やすいとわかってきた。急性期にコロナの重症化リスクが高いのは男性で肥満傾向がある高齢者だが、味覚・嗅覚障害のリスクなど後遺症に関してなぜ逆になっているかは明確にはなっていない」

○軽症であっても後遺症は大きな問題
「若い、痩せ型の女性であっても、後遺症を侮ってはいけない。むしろ、味覚・嗅覚障害が出やすいという事実を受け止めることはすごく大事だと思う。また、味覚や嗅覚の障害は、若い人の方が出やすく、コロナの症状が軽症であっても若い人であっても後遺症は大きな問題になる」

○ワクチンで後遺症も予防の可能性
「最近では、ワクチンをしっかり2回接種している人は、接種していない人と比べて、28日間以上症状が続きにくいという報告も出てきている。ワクチンで後遺症も予防できる可能性があることがわかってきているので、若い人でも万が一に備えてワクチンを2回接種するのは非常に重要だ。
さらに、ワクチンを接種してもコロナに感染すると後遺症が出るリスクはあるので基本的な感染対策は続けることが大事だ」

ページトップに戻る