1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 2階建て新幹線E4系「Max」 最後の定期運行に「ありがとう」の声

2階建て新幹線E4系「Max」 最後の定期運行に「ありがとう」の声

  • 2021年10月2日

「Maxとき」などの名前で、上越新幹線で使用されてきた2階建て車両の「E4」系が1日、定期運行の最終日を迎えました。
新潟駅や高崎駅などに集まった市民や鉄道ファンは、口々に「ありがとう」と言いながら別れを惜しみました。

みんな「涙が出そう」

10月1日の午後2時すぎ。
新潟駅のホームには「Maxとき」の姿を見ようと、あるいは、乗客として最後の日を迎えようという人たちであふれていました。

新潟在住

さみしいです。とってもさみしいです。涙が出ちゃいます。今まで日本海と太平洋をつなぐ存在として歴史を作ってきたMax、そして未来につながると思います!

新潟在住

新婚旅行とか、修学旅行とかで乗りました。涙が出そうです。

千葉在住

2階建てって特別だと思います。奇跡の車両です。きょうは最後なのでとき色の服を着てみました。

16両編成の定員 高速鉄道として世界最大

「Maxとき」などの名前で、上越新幹線で使用されてきた2階建て車両の「E4」系は、JR東日本が開発しました。最大の16両編成のときの定員は1634人と、高速鉄道の車両としては世界最大で、新潟と東京などを結ぶ重要な交通手段として親しまれてきました。
しかし運行開始から20年あまりが経過し、車内設備の老朽化が進んだとして新型車両に置き換えられることが決まり、1日、定期運行の最終日を迎えました。

高崎駅でも

その少し前、群馬県のJR高崎駅でも午前中から多くの鉄道ファンが訪れました。
高崎駅では8両の車両が連結して16両になる場面も見られ、多くの人がカメラにおさめるなどして引退を惜しんでいました。

連結の瞬間です

20代男性
「田園風景の中をひた走るのを2階席から見るのが大好きでした。20回以上乗りました。24年間安全に走り抜いてくれてありがとう!」

マスクもMaxです

こちらのマスクも…もちろんMax

小学6年生
「2階建てで大きくてパワフルなところが大好きです。引退するのはさみしいけど、『さよなら』じゃなくて『ありがとう』と言いたいです」

そして新潟発の最終列車が…

再び新潟駅、午後8時21分。
最後の「Maxとき」が ゆっくりと動き出すと、詰めかけた人たちは、手を振ったり 「ありがとう」と叫んだりして 別れを惜しんでいました。

三条市在住

「小さいときからMaxに乗ってきたので、感慨深くて拍手しました。いままでどうもありがとう、またいつか会おうねと言いたいです」

新潟市在住

「2階席から見る風景が好きでした。新潟駅から出てトンネルをくぐってぱぁーっと空が広がるのを見るのが大好きでした」

お母さんと来た5歳の男の子 「Maxありがとう」と書かれています

(コメントは男の子のお母さん)
子どもと初めて乗った新幹線が『Maxとき』でした。最後の思い出で乗りました。日本で唯一の2階建ての新幹線でずっと続いてほしかったんですけど、きょうが最後で寂しいです」

「E4」系に代わって導入されるのは、北陸新幹線と同じ「E7」系で、今回の置き換えによって、2階建て車両はすべて姿を消すことになります。

ページトップに戻る