1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 山梨キャンプ場 小倉美咲さん不明2年“娘の笑顔取り戻したい”

山梨キャンプ場 小倉美咲さん不明2年“娘の笑顔取り戻したい”

  • 2021年9月21日

「いろいろな気持ちを抱えながらここに向かってきました。記憶を思い出せるように、当時と同じ服装で、きょうこの場所に来ました」
と話す母親。
山梨県道志村のキャンプ場で小学1年生だった小倉美咲さんの行方が分からなくなってから21日で2年、警察は現場の周辺で改めて捜索活動を行いました。

行方不明から21日で2年に

千葉県成田市の小倉美咲さん(9)は、小学1年生だったおととし9月21日、家族や友人と訪れていた山梨県道志村のキャンプ場で行方が分からなくなりました。

有力な手がかりが得られないまま21日で2年となり、警察は午前10時半ごろからおよそ20人の態勢でキャンプ場や周辺の山林を捜索しました。

警察官らは、傾斜が急な登山道の周辺や川沿いの斜面で落ちているものを確認するなど、美咲さんにつながる手がかりがないか探しました。

“美咲の笑顔を取り戻したい”母の思い

母親のとも子さんは現場で取材陣のインタビューに対して、次のように答えました。

「2年前のきょう、まさか2年も美咲に会えなくなるとは全く想像もしていませんでした。ただ、この場所に来て、あの日の美咲の笑顔を思い出して、よりまたその笑顔を取り返したいという思いになりました。
いろんな気持ちがあるんですけれど、この場所で、この場所に美咲がいてほしくないという思いと、ただ、美咲につながる何かが出てきてほしいという思い、両方の思いがあります。

私たち家族は2年間、美咲が無事に戻ってくることを信じて活動してまいりました。ただ、残念なことになかなかつながる情報が今のところありません。みなさんからお寄せいただいた情報提供をたよりに探しております。山梨県にいるかもしれないし、山梨県ではないどこかにいる可能性もありますので、いま一度娘のことを気にかけていただいて、情報をお寄せいただけたらありがたいです。ご協力よろしくお願いします。

きょうもいろんな気持ちを抱えながらここに向かってきました。その当時の気持ちをより思い出せるように、記憶を思い出せるように当時と同じ服装で、きょうこの場所に来ました。思い出したくないことももちろんあるんですけれど、ただ、つらいからと言って、現実から目を背けることはできないので、ここに来て、美咲をまた取り戻したいと強く思いました」

全国から4100件以上の情報寄せられる

警察によりますと、8月末までに、全国から4100件以上の情報が寄せられているということで、引き続き情報の提供を呼びかけています。

情報は山梨県警の大月警察署で受け付けています。

山梨県警 大月警察署
電話番号:0554-22-0110

ページトップに戻る