1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. GACKTさん 病気治療で無期限活動休止 大野知事「早期回復を」

GACKTさん 病気治療で無期限活動休止 大野知事「早期回復を」

  • 2021年9月8日

ミュージシャンで、映画「翔んで埼玉」にも出演した俳優のGACKTさんが、病気の治療のため、今後の芸能活動を無期限休止とすることを8日、自身のホームページで発表しました。
埼玉県の大野知事は「GACKTさんの早期の回復をお祈りしたい」と話しています。

「翔んで埼玉」でも話題に

GACKTさんは沖縄県の出身で、ロックバンドでの活動を経て1999年からソロとなって数々のヒット曲を発表し、俳優としても、NHKの大河ドラマ「風林火山」で上杉謙信を演じるなど、国内外の数多くのドラマや映画で活躍しています。

2019年に公開された埼玉県を舞台にした映画「翔んで埼玉」では、主演をつとめ話題になりました。
続編の撮影も、8月下旬から始まっていたということです。

芸能活動を無期限休止

マネジメント事務所の発表によりますと、GACKTさんは、8月6日に海外の滞在先から帰国したあと体調不良を訴え、その後容体が急変し、「幼少期からの神経系疾患がきっかけとなり、一時は命にも関わる状態に陥った」ということです。

それから数週間は体調が悪化した状況が続き、現在、容体は安定しているものの、重度の発声障害を併発し声を出す仕事の続行は不可能だと医師の診断を受け、芸能活動を無期限休止するとしています。

今後は主治医がいる海外で精密検査を行い、活動再開に向けて治療に専念する予定だということです。

大野知事「続編をみたい」

今回の発表について埼玉県の大野知事は次のように述べました。

埼玉県 大野知事
「まずは早期に回復されることをお祈りしたいと思っています。『翔んで埼玉』が話題になったのはGACKTさんの力が大きかったと私は思っています。ぜひ早期に復帰して、『翔んで埼玉』の続編を完成させていただいて、私もみてみたいと思います」

ページトップに戻る