1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. “約半数に後遺症” 東京・世田谷区コロナ患者アンケートの詳細

“約半数に後遺症” 東京・世田谷区コロナ患者アンケートの詳細

  • 2021年9月7日

東京・世田谷区が新型コロナウイルスの後遺症について調査したところ、感染した人のおよそ半数にけん怠感などの症状があることがわかりました。中には半年以上、症状が続いている人もいるそうです。
気になる症状の詳細や、年代別などの情報をまとめました。

コロナ感染者にアンケート調査

世田谷区では、ことし4月の時点で新型コロナウイルスで区内の病院に入院した患者や自宅療養した区民などを対象に、新型コロナウイルスの後遺症に関するアンケート調査を行いました。3710件の回答を得ました。

後遺症の有無

それによりますと、後遺症が「ある」と回答した人は全体の半数近いおよそ1800人にのぼりました。

症状別

症状別で見ると、最も多かったのが嗅覚障害で54%、次いで、けん怠感が50%、味覚障害が45%、せきが34%などとなっています。

嗅覚障害     54.3%
全身けん怠感    50%
味覚障害     44.8%
せき     34.4%
息苦しさ     29.7%
頭痛       25.3%
集中力の低下 24.2%
関節の痛み    19.5%
脱毛       17.6%
睡眠障害      17%
記憶障害     10.2%
結膜炎        5.6%
その他の症状 23.6%
無回答       1.2%

年代別

症状を年代別に見ると、10代から30代まででは嗅覚障害が最も多い一方、40代より上はけん怠感がもっとも多いと回答していて、年齢によって後遺症の症状に違いがある結果となりました。
以下、年代別の情報です。

中には半年以上も

中には、記憶障害や脱毛など半年以上にわたり症状が続いている人もいるということで、区は、後遺症の影響などを分析するとともに、対策を検討することにしています。
世田谷区の保坂展人区長は「症状が治まったあとも後遺症を引きずり、働いたり、日常生活を送ったりするのに支障をきたす人が多い一方で、受け皿は十分でない。今回のデータを出すことで、臨床の現場でも後遺症治療が新型コロナの治療と連続線上に行われていく体制を国にも求めたい」と話しています。

ページトップに戻る