1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 高級ぶどうを盗むのは誰だ?長野・須坂市で畑の夜間パトロール

高級ぶどうを盗むのは誰だ?長野・須坂市で畑の夜間パトロール

  • 2021年8月30日

長野県では「ナガノパープル」など高級ぶどうの出荷がはじまっていますが、毎年この時期、頭を悩ませるのが相次ぐ盗難の被害です。長野県須坂市では警察や市などが協力して被害防止に取り組む夜間パトロールを開始しました。

高級ぶどう畑に人影が 盗難防止のパトロール

暗闇のぶどう畑を照らしているのは、警察官と長野県須坂市の農林課の職員たちです。収穫時期を迎えた高級ぶどうの盗難を防ごうと夜間のパトロールをしています。

収穫時期を迎えた「ナガノパープル」

長野県須坂市や坂城町、それに中野市などでは、日照時間が長く降水量が少ない気候と土壌の水はけのよさからぶどうの生産が盛んです。
JAながのの選果所には26日、収穫されたばかりの高級ぶどうの「ナガノパープル」などが運ばれ、JAの職員が粒の大きさや傷がないかを確認したり糖度を測ったりして等級別に仕分けていました。

JAながの
大谷政幸
営農技術員

気象変化が非常に激しかったわりに、後半は天気に恵まれ、仕上がりはよいと思います。ぶどう自体、甘いぶどうなので、その甘さを楽しんで頂ければと思います。

相次ぐ盗難を防止せよ 夜間パトロール開始

産地では毎年、この時期に頭を悩ませる事態が起きています。産地のひとつ須坂市などでは、毎年、夜間を中心に収穫前のぶどうが盗まれる被害が相次いでいるのです。

こうした被害を防ごうと須坂市では29日の夜、市や警察などが協力して行う夜間パトロールの出発式が行われました。
出発式で須坂警察署の宮下裕一郎署長は「盗難被害が増える中、警戒や夜間の捜査を強化していく」とあいさつし、高級ぶどうの盗難を防いでいくという姿勢を示しました。

そして夜間パトロールに向けてパトカーや市の車両などが次々に出発していき、ぶどう畑の中では市の職員や警察官たちが懐中電灯を持って不審な人物がいないか見回りました。

須坂警察署によりますと、2020年には、須坂市や小布施町などでの被害は、合わせておよそ1500房にのぼったということです。

須坂市農林課 田中雅明課長
「市や警察など地域で被害防止に取り組むことをアピールするとともに、農家の皆さんが1年かけて丹精込めて育てたものが盗難被害という悲惨な結果にならないように私たちも協力していきたい」

ページトップに戻る