1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 渋谷のワクチン接種会場に若者の行列 都“ここまでとは想定できず”

渋谷のワクチン接種会場に若者の行列 都“ここまでとは想定できず”

  • 2021年8月27日

「整理券はもういっぱいで、また明日来てくださいって」
「若者はワクチンを打たないのではなく打てないということが分かった」

東京都が若い世代を対象に東京・渋谷に設けたワクチン接種の会場で行列ができ、早々に受け付けを終了したことを受けて寄せられた声です。
都の担当者は「接種をためらう若者が多いということだったので、ここまで並ぶとは想定できなかった」と話しています。

200人程度の想定 7時半には300人

接種会場が設けられたのは渋谷区神南にある「区立勤労福祉会館」です。
対象は16歳から39歳までの、都内に住んでいるか、都内に通勤・通学している若い世代です。
接種券と、本人であることを証明するものがあれば、事前の予約なしで接種を受けることができます。

初日の27日は、接種を希望する人が未明から次々と訪れ、都が午前4時に確認した時点ですでに15人が並んでいて、7時半には300人に達したということです。

このため、都は、急きょ、整理券を配って対応し、接種を受けられる人数を、想定していた200人程度から300人に増やしたうえで、開始時間の正午を待たず、7時半すぎには受け付けを終了しました。

整理券をもらえなかった人たちからは…。

 

整理券はもういっぱいで、あしたまた来てくださいと。

 

受け付け終了したと言われてしまって、せっかく来たのに打てなかった。これまで予約が取れなかったので、ここに来たら打てるのかなと思ったが、予想以上にすごいなと思った。1日200人くらいしか枠がないということなので枠を増やしてほしい。

事前の予約なしに接種できることがポイントでしたが、希望者が多かったことで実際には接種できない人が相次ぐ事態となりました。
多くの若い世代が訪れた今回の状況について、都の担当者は「接種をためらう若者が多いということだったので、ここまで並ぶとは想定できなかった」と話しています。

“打たないのではなく打てない” 批判の声

SNSでは、少ない枠に対して疑問や批判の声が上がっています。

若者はワクチンを打たないのではなく打てないということが分かった。

 

若者の接種環境を急いで整えてほしい。

 

枠が少ないのに、予約なしにしたら人が殺到して混乱するのは当たり前。

 

東京都には27日の午前中だけで1万件を超える苦情や問い合わせの電話が寄せられたということです。

「せっかく並んだのに接種できなかった」
「行けば接種できると思ったのに」
「休暇を取って来たのにどうしてくれるのか」
「なぜ若者だけが対象なのか」
「今後はどうしたら接種できるのか」

28日以降は先着順ではなく抽せんに

こうした事態を避けるため、都は、28日以降は先着順をやめて抽せんにすることになりました。

具体的には、午前9時から10時半の間に会場を訪れた人に抽せん券を配布し、11時半ごろに接種できる時間帯も含めて抽せん結果をLINEやツイッターで知らせるということです。

さらに、希望する若い世代の接種を促進するため都庁第一本庁舎の南展望室と北展望室、港区の乃木坂のいずれも都が設けた大規模接種会場でも接種を受けられるようにすることを決めました。大規模会場では予約が必要で8月30日の午前10時から受け付けます。

東京都 小池知事
「若い人たちにもワクチンを打ってもらうため、1つの新しいチャンネルを設けたが、きょう接種できなかった人には申し訳ない。『予約なし』『予約して』とチョイスの幅を広げ、全体のワクチンをまず確保することなど、国とも連携をとりながら進めていく」

 

ページトップに戻る