1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 障害者手助けの駅アナウンス 悪用してつきまとい 被害女性の声は

障害者手助けの駅アナウンス 悪用してつきまとい 被害女性の声は

  • 2021年8月25日

車いすの利用者などが電車に乗る際、手助けする駅員が情報を共有するためのアナウンスを耳にしたことがあるかと思います。ところが、障害者の女性がこの情報を悪用したとみられる男性に車内でつきまとわれたといった相談が障害者団体に寄せられていて、国土交通省は、鉄道会社に対し情報共有の方法を検討するよう求めました。被害を受けた人の声です。

乗り降りを手助けする情報のはずが…

去年11月 鉄道のバリアフリー化を取材した際の映像より

車いすの利用者や視覚障害者が電車を利用する際、乗り降りを手助けする駅員が情報を共有するため、乗車する車両や、降車駅などをアナウンスで知らせる場合があります。
ところが、障害者団体に寄せられた相談から、駅員の情報共有のアナウンスが悪用されたとみられるケースがあることがわかりました。

アナウンスを悪用か 電車内での被害の相談

障害者団体でつくる「DPI日本会議」によりますと、車いす利用者の女性から、見知らぬ男性に、「同じ駅だよ、一緒に降りようか」と何度も声をかけられたとか、同じ車両に乗り込んできた男性から、繰り返し足を触られたといった相談が、10件以上寄せられているということです。

障害女性のストーカー被害(2021年6月 DPI日本会議の調査)
〇車いす使用者
電車が動き出して間もなく男性が寄ってきて「品川でしょ?送ろうか?」何度も言われて、ずっと声を掛けられていた。

 

〇視覚障害者
「いたいた!手伝ってあげるよ」と言いながら後方に回り、ぴったり迫りもぞもぞされ、荒い息をされた。離れようとしたが、ぴったりくっつかれて動けない。

 

〇視覚障害者
「一緒に行きましょうか?」と言われ、断るのも失礼と思いそのまま行先を言って頼んだが、違うところに連れて行かれた雰囲気がしてきて、行き止まりのところだと気づいた。

 

〇車いす使用者
アナウンスしないでくださいと頼んだのに、それでは乗せられないと断れたので仕方なく乗りたくない一番後ろに乗せられた。
酔った男性が飛び乗ってきて、「居た!手伝ってあげようと思って走ってきたよ。○○駅でしょ?」と言いながら可哀そうにと繰り返し足をさすられた。

 

〇車いす使用者
夜遅くなり周囲が男性ばかりだったので、アナウンスをしないでくださいと頼んだがダメだと言われ、乗った号数まで言われた。
ドア付近にいたら「ここだ!」とスーツ姿の男性が乗ってきた。ぴったり後方にくっついてきて、下着の色を聞かれたり、卑猥なことを繰り返された。

 

〇車いす使用者
電車内で時折見かける男性で、後を付けられていると知った。その後、何度も自宅周辺にいるので警察に相談し被害届けを提出した。夜中に窓ガラスに大きな石を部屋に投げ込まれた。
 

つきまとわれた経験がある「DPI日本会議」の山嵜涼子さんは、自身の被害について、受け止められないと話しています。

山嵜涼子さん(右)

「わたしたちに必要なことだとアナウンスしていたことが悪用されて、あとをつけたり、わざわざ乗った車両にまでやってきて、耳元で卑わいなことをささやいたり。いま起こったことではないのですが、長い間、受け止められていませんし、言葉になりません。こんなことが起こるというか、そういう人がいるということが非常にショックです」

国土交通省 “アナウンス以外の方法も検討を”

団体は、アナウンスの情報が悪用されているとして、対応を求める要望書を国土交通省に提出していました。そして、国土交通省は7月、情報共有のしかたについて、全国の運輸局に出した通知で、アナウンス以外の方法も検討するよう、各鉄道会社に働きかけることを求めました。

山嵜涼子さん
「(アナウンスは)安全に利用できるように事業者のみなさんも考えた結果、行っているルールだと思う。それを利用して卑劣なことが起きていることは許すことができません。
私たち障害者が鉄道利用するときは、エレベーターに時間の制限あるなど、いろいろな制約がありましたが、バリアフリーが進んだことで、利用する障害者の方も増えてきたと思います。その結果、被害も増えてきた。鉄道事業者の皆さんと被害にあった皆さん、関係する人たちと新しいルールに変えていかなければいけないと思います」

全国の鉄道会社では、乗客に聞こえない鉄道無線や、ホームドアに設置したライトを使って情報共有しているところもあり、国土交通省は、こうした事例も周知しながら、ホームでの安全確保と誰もが安心して利用できる環境作りの両立を鉄道会社に促す方針です。

ページトップに戻る