1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 新型コロナ ワクチン接種状況は?東京23区に聞きました

新型コロナ ワクチン接種状況は?東京23区に聞きました

  • 2021年8月5日

東京23区に、最新のワクチンの接種状況について聞きました。
年代別の接種状況に加え「8月下旬には6割を超える人が1回目の接種を、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」とした政府の方針について、それぞれの区では達成の見通しがあるのでしょうか。
(高齢者は7月31日時点、それ以外は最新のもので質問しました)

3回目のワクチンの最新状況はこちらから(12月2日追記)

各区の詳細についてはこちらから
千代田区   中央区   港区   新宿区   文京区   台東区   墨田区   江東区   品川区   目黒区   大田区   世田谷区   渋谷区    中野区   杉並区   豊島区   北区   荒川区   板橋区   練馬区    足立区   葛飾区(8/6更新)   江戸川区 

 

【千代田区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか。

A. 見通せている。
(理由)
7月末時点での接種済数と8月の集団接種の予約数を加えると、1回目接種を終える区民の割合が53.1%、2回目接種を終える割合が36.1%を予定。
これに個別接種の予定と、7月までの職域接種、大規模接種の実績から推定される接種者数が加わるため、目標は達成できると判断している。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

A. 見通せている。
(理由)
現時点では、すべての希望者に対しては1回目接種が9月末、2回目接種が10月末に完了すると見込んでいる。ただし、今後の若年層の接種状況によって、完了時期に影響が出てくると思われる。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

A. 変更した。
予約枠や集団接種会場の数を減らし、個別接種を行う各診療所への供給を調整した一方、職域接種の枠を区民に開放してもらうなど、さまざまな工夫を行った。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

▼ワクチン供給について具体的な計画を提示することはもとより、方針の変更にあたってはマスコミ発表より前に情報の提供を望む。
▼1回目接種のあとで区から転出した人が転出先の自治体では予約が取れず、「2回目接種難民」になる事例が複数発生している。自治体ごとに接種の状況が異なることを踏まえ、柔軟な対応ができるよう国として方針を示してもらいたい。
▼若年層でワクチン接種の希望者が少なくなってきているため、国からも勧奨が必要と思われる。ワクチン接種のメリット、デメリットおよび新型コロナウイルスの後遺症などを若年層に対し響く形で伝えてもらいたい。

 

【中央区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

現時点では、国や都の大規模接種センターによる接種や職域接種の今後の接種数を
区では把握できないため。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せている。
(理由)

区独自に1バイアルあたり7回接種可能な注射器を約6万本確保したことや、国・都の大規模接種センターによる接種や職域接種が進むことで、完了する見込みである。現時点では、すべての希望者に対しては1回目接種が10月下旬、2回目接種が11月中旬に完了すると見込んでいる。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
▼個別接種実施医療機関へのワクチンの供給量を減らした。
▼集団接種会場の予約枠を減らした。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

記載なし。

 

【港区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

現時点で区の集団接種会場での1回目接種の予約の割合を見ると、対象区民の約5割となっている。これには職域接種や大規模接種会場の予約状況は反映されていないため正確な割合は分からないが、6割が確実に見通せている状況ではない。
現時点では、8月下旬で1回目接種を終えられる区民の割合は少なくとも50%以上を、2回目接種を終えられる区民の割合は少なくとも35%以上を予定。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せている。
(理由)

現時点で開放している接種会場に空きがある状態であるため。現時点では、全希望者への1回目の接種が終わる時期は8月中旬を、2回目の接種が終わる時期は9月中旬を予定。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更していない。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

20代、30代の接種率が低い状況が明らかになっている。国に対しては、この世代に向けて安全性や有効性を含めた接種勧奨策を積極的に進めてもらいたい。

 

【新宿区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

ファイザー社ワクチンについては、区への8月末までの基本計画枠配分が対人口で約45%相当である。1回目6割、2回目4割になる時期は、都道府県調整枠からの供給や、職域接種、大規模接種等での接種状況による。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せていない。
ワクチンの供給量と供給時期等に影響を受ける。また、職域接種や大規模接種等の接種状況による。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
▼区の集団接種、地域の医療機関の個別接種ともに、新規予約を一時休止。
▼8月中旬までは、1回目の接種が済んでいる方の2回目の接種を確実に済ませることを優先。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

▼自治体の接種体制や接種能力に応じた必要十分な供給量を、今後も安定的に確保し配分していただくとともに、供給時期についても早めに詳細を示していただきたい。
▼河野大臣から、職域接種分としてワクチンを都市部に多く配分したため、都市部の基本計画枠を減らすという発言があったが、職域接種の対象者は必ずしも区内在住者ではないため、在住者の接種状況に応じてワクチンの供給を行っていただきたい。

 

【文京区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せている。
(理由)
区が実施する集団・個別接種に加え、職域接種や大規模接種等による上乗せにより、達成できると想定している。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せている。
(理由)

ワクチンの供給量が現在より若干増える前提で、11月中旬には全希望者への2回目接種が終わる見通し。現時点では、全希望者への1回目の接種が終わる時期は10月中旬を、2回目の接種が終わる時期は11月上旬から中旬を予定。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
▼集団接種会場を減らした。
▼個別接種での各医療機関へのワクチン供給数に上限を設けた。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

ワクチンの供給量及び供給スケジュールの見通しをできるだけ早く提示してほしい。

 

【台東区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せている。
(理由)

9月12日までに1回目の接種を、10月3日までに2回目接種をできる体制を確保した。8月下旬で1回目の接種が可能な区民の割合は約70%、2回目の接種が可能な区民の割合は約60%の予定。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せている。
(理由)

ワクチンの直近の供給状況や今後の供給見通しをふまえ、10月上旬までに接種対象者の8割に接種可能な体制を確保できる見込みのため。現時点では、対象者のうち8割が接種を希望すると想定したうえで、1回目の接種が終わる時期は9月12日を、2回目の接種が終わる時期は10月3日を予定。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
▼当初、接種を実施していなかった曜日を開設日に変更しようと検討したが、ワクチンの供給量減少をふまえ見送った。
▼ワクチンが不足しないように予約受付数を調整した。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

▼ワクチン接種済証(ワクチンパスポート)の交付依頼が殺到していて、職員の業務が急増している。発行に必要な確認事項が多く、1件の処理に時間を要する。今後、対象者が拡大されるようであれば、国がオンラインによる手続きを検討するなど、対策を取る必要がある。
▼今後のスケジュールを早急に示してほしい。今後の見通しについて、各自治体への情報共有を迅速に行うよう徹底してもらいたい。
▼50代以下の接種勧奨を積極的に実施してもらいたい。

 

【墨田区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せている。
(理由)

ワクチンの今後の供給見込みと希望する区民の接種率などから考えて、現時点で8月下旬で1回目接種を終えられる区民の割合は70%、2回目接種を終えられる区民の割合は50%を予定。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せている。
(理由)

ワクチンの今後の供給見込みと希望する区民の接種率などから考えて、現時点で全希望者への接種が終わる時期は1回目接種が9月末、2回目接種は10月末を予定。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
6月末から8か所に増やした集団接種会場のうち、7月末から3か所減らした。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

記載なし。

 

【江東区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

国から示されている8月までのワクチン供給量では、国の目標値に達するのは困難であるため。現時点では、8月下旬で1回目接種を終えられる区民の割合は約50%を、2回目接種を終えられる区民の割合は約40%を予定。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せていない。
(理由)

今後のワクチン供給スケジュールが不透明なため。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
集団接種の会場数および開設日数を減らすとともに、予約枠を減らした。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

ワクチンの安定的な供給の今後のスケジュールを迅速に明示していただきたい。

 

【品川区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

ワクチンの供給不足により、すでに8月の予約枠を減らしたため。現時点では、8月下旬で1回目接種を終えられる区民の割合は40%を、2回目接種を終えられる区民の割合は30%を予定。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せていない。
(理由)

今後のワクチンの供給見込みがせめて11月分までメドが立たないと、終了時期は分からない。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
▼予約枠を当初予定より減らしただけでなく、増やす予定も増やせなかった。
▼新たに開設予定だった接種会場も開設を中止した。
▼いつ、どれだけのワクチンが区に来るか分からないので、今後の予約枠の設定ができず、区民の皆様が多大な迷惑を被っている。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

▼総理や大臣の発言により、何度となく自治体は振り回されてきた。在庫率の考え方も、現場を置き去りにしていると言わざるを得ない。国の担当者はもっと現場を知るべきだし、見に来るべきだと思う。
▼現状、ワクチンは足りていない。10月前半に総理が終わらせると言ったところで、肝心のワクチンがない。計画も不透明ではどうすることもできない。

 

【目黒区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

現在は接種の主体が市区町村以外に広がっているため、見通せない。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せている。
(理由)

希望者を70%として現時点での接種量のままで算出した予測では、現時点で1回目の接種は9月下旬に、2回目の接種は10月中旬に終えられる予定。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
7月末からの個別接種会場の大幅拡大を中止した。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

▼職域接種、国や都の大規模接種の区民の予約状況が不明で、計画が立たない。
▼企業や都にもVRSへの入力を早急に行うよう促してほしい。

 

【大田区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない
(理由)
職域接種の実績の把握が困難なため。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せている。
(理由)

接種会場、医療従事者は確保できているため、区が想定する量のワクチンが国から供給されれば可能。現時点では、全希望者への2回目の接種が終わる時期は11月30日を予定。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
一部集団接種会場の開設延期や変更、予約開放枠の短縮。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

▼職域接種の予約数が自治体では把握しづらく、情報を収集している。
▼10月以降のワクチン供給の見通しが立たず、計画通り接種を進められるか動向を注視している。

 

【世田谷区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

8月までの接種自体は順調に進んでいく見込みだが、職域接種や個別接種など、区で現時点において把握していない接種者件数が一定数あるため、8月下旬での割合は見通せていない。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せていない。
(理由)

ワクチンの供給量が安定していないため。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
予約枠を減らした。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

▼ワクチンの供給量の増加および供給の安定をしていただきたい。現在、予約枠に対してワクチンの総量としては十分な数ではないので、予約枠を削減している。供給の先行きが不透明のため十分に予約枠を開放することができていない。
▼医療機関から想定より多くの協力の申し出をいただいているが、各医療機関に希望するワクチンの量を割り当てることができずにいる。

 

【渋谷区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

現時点で64歳以下の予約状況が35%ほどで、このまま予約が入り続ければ達成が見通せるが、8月の予約枠はまだ空いており、伸び悩めば達成ができない。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せている。
(理由)

集団接種会場の予約枠が十分に空いているため。現時点では、全希望者への1回目の接種が終わる時期は9月末を、2回目の接種が終わる時期は10月末を予定。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更していない。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

記載なし。

 

【中野区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

ワクチン供給の減少に伴い、集団接種や個別接種の接種能力を抑制させており、現状では達成は見通せていない。現時点では、8月下旬で1回目接種を終えられる区民の割合は54.5%を、2回目接種を終えられる区民の割合は40.4%を予定。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せている。
(理由)

9月以降もワクチンが必要に応じて供給された場合に限る。現時点では、全希望者への2回目の接種を終えるのは11月末を予定。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
▼集団接種の予約枠を減らした。
▼約140の医療機関での個別接種で、1回目の接種予約の受け付けを7月19日から8月15日まで一時停止している。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

9月から11月、それ以降のワクチン供給についても、早期に供給量と供給時期を示してほしい。

 

【杉並区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

十分な量のワクチンが供給されないため。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せていない。
(理由)

どの程度のワクチンが供給されるか見込みが立たないため。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

見直した。
8月以降の予約枠を減らした。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

早期に区民へのワクチン接種を終えるよう、接種体制を拡充してきた。接種体制に見合うワクチンの供給があれば、より前倒しして進めることが可能となるため、必要なワクチンを必要なタイミングで供給してほしい。

 

【豊島区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せている。
(理由)

国からのワクチン供給があることが前提。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せている。
(理由)

国からのワクチン供給があることが前提。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
7月末まで個別・集団・巡回の各接種の新規受付を一時停止した。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

▼ワクチン供給の見通しを早期に示してほしい。
▼高齢者や基礎疾患は住所違い接種を認めていることから、その分を供給してほしい。

 

【北区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

ワクチンの供給量に合わせて予約枠を減らし、接種会場を縮小していく方向で調整しているため。また、国の大規模接種会場や職域接種の今後の見通しは、自治体では把握できないため。現時点では、8月下旬で1回目接種を終えられる区民の割合は約46%を、2回目接種を終えられる区民の割合は約33%を予定。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せていない。
(理由)

希望者数の見込みとワクチンの供給量によって見通しの前提が異なるため、接種が終わる時期も含めて現時点で見通せていない。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
予約枠を減らし、接種会場を縮小していく方向で調整している。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

▼国が接種率を見込んでワクチンを供給するのではなく、すべての国民が接種可能なワクチンを確保したうえで、順次供給していただきたい。
▼感染が拡大しやすい地域(首都圏)に優先してワクチンを配分していただきたい。これは自治体個別の利益ではなく、国全体で感染を抑えるための国益であると感じる。

 

【荒川区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せている。
(理由)

ファイザー社のワクチンの供給量が安定していないが、武田/モデルナ社のワクチンを接種できる体制を整えており、現時点では、8月下旬で1回目接種を終えられる区民の割合は59%を、2回目接種を終えられる区民の割合は47%を予定している。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せている。
(理由)

現時点ではファイザー社のワクチンが安定的に供給される見通しが立っていないが、仮に5・6月と同程度のワクチン供給量を確保できた場合、区としては、集団接種会場と個別接種を実施できる体制を整えている。現時点では、全希望者への1回目の接種が終わる時期は10月末を、2回目の接種が終わる時期は11月末を予定している。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
▼ファイザー社のワクチンを使用する集団接種会場の新規の予約枠の開放を一時的に停止した。
▼個別接種を行う協力医療機関に対し、2回分の接種を見込んでの予約受付等を依頼した。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

▼区市町村が計画的に接種を進めることができるよう、安定的かつ計画的な供給を行うと共に、早い段階で市区町村への供給量を示すこと。
▼国の大規模接種会場の設置、接種券の前倒し発送、ワクチンパスポートをはじめ、新しい事業を行う際は混乱を招くことがないよう、現場の状況や意見をしっかり踏まえた上で実施すること。

 

【板橋区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

ワクチンの供給量が削減されているため。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せていない。
(理由)

ワクチンの供給時期および供給量が未確定のため。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
医療機関へのワクチンの配送量を減らした。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

2週間程度の間隔で供給されるワクチンの供給量の確定が、その都度直前まで判明しない。医療機関や区の集団接種で長期的に予約を受け付けられるよう、供給量を早期に確定してほしい。

 

【練馬区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
<予定>

8月下旬の見通しは、12歳以上の区民のうち1回目接種を50%が終え、2回目接種を34%が終える見込み。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せている。
<予定>

現在のワクチン供給量が続くとして、すべての希望者への接種は11月下旬に終える見込み。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
▼診療所等の予約数を半分程度に減らすよう依頼した。
▼集団接種会場の予約を休止した。また、予約枠を減らした。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

▼ワクチンの供給量の減少は、接種計画に大きく影響し、具体的な見通しが立たない。
▼新型コロナウイルスの終息に向けて、陽性患者が多く出ている地域、または接種能力(週当たりの接種回数)の高い地域にワクチンを多く配分していただきたい。

 

【足立区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

ワクチンの供給量、スケジュールが不透明なため。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せていない。
(理由)

ワクチンの供給量、スケジュールが不透明なため。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?
 

変更した。
本来、区が実施する集団接種と区内医療機関で実施する個別接種を同時に進めていく計画だったが、ワクチン供給の遅れにより、個別接種の予約および接種を停止している状況。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

ワクチン供給見込みが不明な状態では、新規の予約受付ができない。供給に関する量と時期の具体的な情報をより早くいただきたい。

 

【葛飾区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?
  ※8月6日 最新の状況に更新しました。

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

区の7月末時点の接種数に対して、都から割り当てられている8月のワクチン供給量では、6割に達することができない。
現時点では、8月下旬で1回目接種を終えられる区民の割合は45%を、2回目接種を終えられる区民の割合は30%を予定している。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せている。
(理由)

希望する量のワクチンが安定供給されれば、見通すことができる。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
集団接種の実施回数の精査。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

▼ワクチンの安定供給。
▼ワクチン供給量見通しの早期の情報提供。

 

【江戸川区】

Q. 「高齢者の接種状況」と、「20代から50代までの接種状況」は?

Q. 政府は「8月下旬にはすべての国民の6割を超える人が1回目の接種を終え、4割を超える人が2回目の接種を終えることを目指す」としているが、達成は見通せているか?

見通せていない。
(理由)

ワクチンの供給不足。

Q. 政府は「希望するすべての人への接種を10月から11月までの早い時期に終えたい」としているが、終えることを見通せているか?

見通せていない。
(理由)

ワクチンの供給不足。

Q. 国からのワクチン供給が遅れていることを受けて、接種計画は変更したか?

変更した。
予約枠、集団接種会場数を減らした。

Q. ワクチン接種に関連して、課題や国への要望は?

記載なし。

 

ページトップに戻る