1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. コロナ 茨城・群馬・栃木も感染急拡大 県独自の緊急事態宣言も

コロナ 茨城・群馬・栃木も感染急拡大 県独自の緊急事態宣言も

  • 2021年8月4日

東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県などに、緊急事態宣言が出されていますが、茨城・群馬・栃木でも感染者数が過去最多となるなど感染は急拡大しています。緊急事態宣言の要請、独自の警戒レベル引き上げなど各県の対応を詳しくみていきます。

茨城県 独自の緊急事態宣言 政府に要請も

茨城県内では3日、新たに197人の感染が発表され、感染者は7日連続で150人を超えました。先週の火曜日より101人多く、火曜日としてはこれまでで最も多くなっていて、3日まで9日間連続で曜日別の過去最多を更新しています。
3日までの1週間の新規の感染者数はその前の1週間の2.6倍余りに増えています。
また、県によりますと、197人のうち感染経路がわかっていない人が97人と、半数近くに上っています。

新型コロナウイルスの感染が急拡大していることを受けて茨城県は県全域を対象に独自の緊急事態宣言を出すことを発表しました。
また、政府に対して茨城県を緊急事態宣言の対象地域に追加するよう要請したことも明らかにしました。

大井川知事は、臨時の会見で、「感染拡大のスピードが非常に加速しているとともに感染が県全域に広がっている。医療資源が枯渇する可能性があり早急に強いブレーキが必要だ」などと述べて、県独自の緊急事態宣言を出すことを明らかにしました。

県独自の緊急事態宣言
期間 今月6日~19日
対象 県内全域
内容 全飲食店 午後8時~午前5時までの営業自粛要請
不要不急の外出自粛など要請

県独自の緊急事態宣言が出されるのは、ことしの2月23日に解除されて以来、2回目です。また県は、4つの段階に分けて定めている県独自の感染防止対策の指針についても、3日から、最も深刻な「ステージ4」に引き上げました。

大井川知事は、3日付けで政府に対して緊急事態宣言を出すよう要請し、政府側から「茨城県の見解は理解した。適宜適切に判断する」と回答があったことを明らかにしました。

茨城県 大井川知事
「このまま、感染拡大のスピードが続くと医療体制の崩壊が現実的になっている。大変な不便をかけるが県民には他県との往来を控えてもらい、県外の人には遊びや帰省で茨城県に来ることは避けてもらいたい」

群馬県 警戒レベル最高の4に

群馬県も過去最多の感染者数となっています。
群馬県は3日、県内で新たに148人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。1日に発表された新規感染者の数としては7月31日の136人を上回り過去最多です。
直近1週間の新型コロナウイルスの感染者数が前の週と比べて3倍以上になっているほか、病床の使用率も2日時点で43%に上がっています。

群馬県は新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受けて、2日に「3」に引き上げた独自の警戒度を、4日から今月20日まで、県内全域で最も高い「4」に引き上げることを決めました。

警戒レベル4
・県民に不要不急の外出自粛要請
・営業時間の午後8時まで短縮要請(今月7日~20日)
 居酒屋を含む飲食店 喫茶店
 スナック、バー、カラオケボックスなどの遊興施設
・酒の提供も午後7時まで
・要請に応じた店には協力金を支給

さらに山本知事は、まん延防止等重点措置の適用についてもすでに国と協議を始めていることも明らかにしました。

群馬県 山本知事
「栃木県を含む北関東地域でも感染が拡大していることや、デルタ株の置き換わりが進んでいるを考えると、近日中に今の状況が好転するとは考えられず、今まで経験したことのない大変厳しい状況にある。
県民には感染対策を徹底してもらい、なんとかこの波を抑えられるよう重ねてお願いしたい」

栃木県 まん延防止等重点措置を要請

栃木県と宇都宮市は、3日、新たにあわせて139人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。1日に発表される新規感染者数としては、これまでで5番目に多くなりました。
栃木県内では7月31日、過去最多の170人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、5日連続で100人を超えるなど感染が急拡大しています。

新型コロナウイルスの感染の急拡大を受けて、栃木県は「まん延防止等重点措置」の対象地域に指定するよう2日政府に要請しました。
また、県は宇都宮市など7つの市の飲食店に対し、2日から営業時間を午後8時までに短縮するよう要請し、4日から対象を県内全域に拡大します。

ページトップに戻る