1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. コロナワクチン接種 20代と30代女性「様子見たい」約40%

コロナワクチン接種 20代と30代女性「様子見たい」約40%

  • 2021年7月20日

新型コロナウイルスのワクチン接種が進められているなか、接種について、「様子を見たい」と答えた人が20代や30代の女性ではおよそ40%、50代でも20%近くに上ることが国際医療福祉大学の調査でわかりました。

ワクチン接種の希望についての反応は

この調査は国際医療福祉大学の和田耕治教授らが、7月13日からの3日間首都圏の1都3県の20代から60代を対象にインターネットで行いました。
そして、およそ3100人から回答を得ました。
ワクチン接種の希望について聞いたところ、
「できるだけ早く接種したい」か「すでに接種した」が57.3%で最も多く
「もう少し様子をみたい」が23.8%
「あまり接種したいとは思わない」「接種したくない」が合わせて17.0%でした。

「もう少し様子を見たい」と答えた人の割合は

「様子をみたい」と答えた人の割合は重症化するリスクが比較的高い年代でも50代以外は男性より多くなっていました。

ワクチン接種 様子を見たい
  女性 男性
20代 38.7% 27.0%
30代 39.0% 26.2%
40代 26.7% 23.4%
50代 17.2% 18.0%
60代 13.9% 8.8%


その理由としてすべての年代の女性で70%から80%が「副反応が心配だから」と回答していました。

国際医療福祉大学 和田耕治教授
「副反応についてきちんと説明をしつつ、接種に促すことができればと思っている。小さな質問に対して、医療者がきちんと丁寧に答えていくことが重要だ」

ページトップに戻る