1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 都の五輪パブリックビューイング 井の頭公園 調布 八王子は

都の五輪パブリックビューイング 井の頭公園 調布 八王子は

  • 2021年6月12日

東京オリンピック・パラリンピックの期間中、東京都などが計画しているパブリックビューイングの計画について、地元の自治体などから中止や見直しを求める声が相次いでいます。
このうち2市にまたがる会場の井の頭公園では、武蔵野市が中止を求める一方、三鷹市は入場者数の制限などを要請しています。調布や八王子の状況もまとめました。

東京23区が計画しているパブリックビューイングの動向はこちら

「五輪のパブリックビューイング 実施?中止?東京23区に聞きました」

東京都と組織委主催 代々木公園中止 井の頭公園は

東京都と組織委員会は東京大会の期間中に、パブリックビューイングや競技の体験コーナーなどをあわせたイベント会場「ライブサイト」を、都内では代々木公園と井の頭公園に設置する計画でした。

このうち代々木公園については、オリンピックの期間はワクチン接種の会場として使うことを理由に中止されることになりました。
さらに、武蔵野市と三鷹市にまたがる井の頭公園についても、地元から中止や見直しを求める声が寄せられています。

井の頭公園

武蔵野市
「多くの人が集まることを懸念する声が数多く市に届いている」として中止を求める要望書を都に提出

三鷹市
中止までは求めてないものの、入場者数の制限や飲食ブースの廃止などの感染対策を徹底するほか、公園内にワクチンの接種会場を設けることなどを都に要請

都主催のパブリックビューイングは

このほか、都が主催するパブリック・ビューイングの会場は、日比谷公園・上野公園・都立大学南大沢キャンパス・調布駅前のホールがありますが、地元からさまざまな声が上がっています。

このうち、調布駅前のホールでのパブリックビューイングについては、調布市が実施の是非を再検討するよう求めています。

また、八王子市にある都立大学のキャンパスに設ける会場については、教職員で作る労働組合が会場の貸し出しを中止するよう大学に求め、大学も都に対し、最大限の対策を求めています。

学生からもさまざまな声が聞かれました。

男子学生

個人的にはオリンピックを盛り上げるのはいいことだと思っているので、万全の対策を整えた上でやるのがいい。人が集まりすぎるのはよくないので、もしやるのであれば、座る間隔を空けて参加は近所の人に限定したほうがいい。

女子学生

学生はオンライン授業なのに外部の人をキャンパスに入れていいのか。そもそもパブリックビューイングが必要なのかどうかも疑問で競技の中継は家で見ればいい。パブリックビューイングで盛り上げる方向に動くのは今、やるべきことではないと思う。

小池知事 ”いろいろな意見交換をしながら調整”

東京都などが計画しているパブリックビューイングに対し地元の自治体などから中止や見直しを求める声が相次いでいることについて、小池知事は11日の記者会見で次のように述べました。

「それぞれの自治体から要望をいただいているので、いろいろな意見交換をしながら調整しているのが現状だ。大会組織委員会のガイドラインや政府のイベント開催の方針なども踏まえて準備や調整をしていく」

一方、7月に都内で行われるオリンピックの聖火リレーを公道で実施するかどうかについて、小池知事は、「新型コロナウイルスの感染状況などを踏まえながら判断していく」と述べました。

ページトップに戻る