1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 緊急事態宣言・重点措置延長 1都3県の知事の考えは【発言詳細】

緊急事態宣言・重点措置延長 1都3県の知事の考えは【発言詳細】

  • 2021年5月7日

東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県は6日、東京都の緊急事態宣言と、3県のまん延防止等重点措置を、5月31日まで延長するよう政府に要請しました。延長を要請した理由、そして今後の対応の方針などについて、4人の知事は、どう説明しているのでしょうか。1都3県の知事の発言詳細です。

東京都 小池知事 “まだ取り組みを緩和できる状況にはない”

〇延長を要請した理由
東京都の6日の新規陽性感染者数は591人、また重症者数は増加傾向です。従来株よりも感染力が強いN501Y、この変異があるウイルスでありますが、都内での発生割合は、分析の結果、7割近くまで上昇していることがわかっております。すなわち従来株から急速に置き換わりつつあるということであります。加えてインドで増加していますL452Rの変異があるウイルスでありますが、都内で5例報告されているところでございます。変異株の割合も急速に拡大している予断を許さない厳しい状況が続いているという認識です。

都内の重症患者は、第3波と比較すると、20代から50代の割合が2倍以上に増加していること、若者でも重症化するということが確認されております。

ゴールデンウイークの期間、都民の皆さん、そして県民のみなさん、そして何よりも事業者のみなさま、ご協力をたまわったわけでございます。残念ながら変異株の入れ替わり等もあり、また医療提供体制の確保など、延長の要請をせざるを得ない状況にあるということでございます。

〇延長で対策の方針は
都としては、今はまだ取り組みを緩和できる状況にはない、引き続き人流を徹底的に抑制すること、そして感染を抑え込んでいく対策を講じていかなければならない、このような認識であります。

1都3県では、これまで地域の実情に応じたさまざまな感染拡大防止対策を連携しながら実施をしてきたわけですが、今後も力を結集することで新規陽性者数減少させる。そして新たな脅威でもあります変異株などによる重症患者の発生を防いでいく。それによって医療提供体制も、しっかりと守っていくと。それはすなわち都民、県民の、生命健康を守っていくことにほかならないということでございます。
依然として厳しい事態に直面しています。1都3県で連携しながら、緊密な連携のもとで、これからも感染を抑えていくために全力を尽くしていきたい。

埼玉県 大野知事 “全面的に解除するような状況にはない”

〇延長を要請した理由
3月21日に緊急事態宣言が明けてから、しばらく新規陽性者は下がってきましたが、解除の時も申し上げたとおり、特に不確定要素として懸念しているとした変異株が大きく拡大をしてきて、すでにお示しをしているとおり、毎週、ほぼ倍、あるいは10ポイントぐらいずつ上がってきて、今は6割を超える割合になりました。関西や九州の状況を見ていると、急拡大する懸念がある。これがまず第1点であります。

4月20日から埼玉県に重点措置が適用され、その効果がちょうど現れるぐらいがゴールデンウイークです。(新規陽性者数は)この数日、下がりましたが、週単位でいうとやはり少しずつ上がってきている。

それから3つ目には、東京で非常に厳しい措置をしていただきましたが、緊急事態宣言の東京都が、緊急事態宣言を抜ける状況にはない。これらの3点をあわせて考えると、5月11日の段階で、まん延防止等重点措置を全面的に解除するような状況にはないというのがわれわれの判断です。

〇延長で対策の方針は
11日までの時間は、それほどないので、まん延防止等重点措置ですから、大体いまと同じようなところが、基本になると考えていただいてよろしいかと思います。ただ、われわれとしても懸念が残る事項があるので、そこについては専門家のみなさまにも諮ったうえで、強化といったことについては、やらせていただく可能性も大いにあると考えています。 

〇緊急事態宣言への移行は
緊急事態宣言は、ステージ4を指標とするのが国の指針であります。われわれとしても、最終的には、総合的な判断になりますが、緊急事態宣言に移行するべきような指標、あるいは急激な、何らかの指標の増加等がある場合には、躊躇することなく緊急事態宣言に移行することになります。

さまざまな指標が動く時については迅速な判断を求められる可能性があるということを前提に、重点措置を当面は選んだということで、改めてまん延防止等重点措置で、地域を限定的に、そして機動的に対応をする。それでなんとか緊急事態宣言にいかないように改めてお願いをすることが大切だと、われわれは思っています。

千葉県 熊谷知事 “感染急拡大に転じてもおかしくない“

〇延長を要請した理由
新規感染者数の水準は12月下旬に感染者が急増し始めたころの水準でありまして大型連休のなかで民間の診療所などでの検査が、減っている状況で、横ばいや微減微増という状況ですから、そういう意味では低減傾向は確認できていない。

そして東京都の感染状況も収まっていないことを踏まえますと、この連休明けから感染急拡大に転じてもおかしくない状況だと考えております。

ここにきて一気に変異株の比率が高まってきており、強い危機感を持っております。そういう意味では、変異株による感染拡大と、これまでの要請に応じていただいたことによる抑制効果が、非常にせめぎ合っていると考えております。本県の感染状況等も踏まえ、大阪のように医療がひっ迫した状況になることを、なんとしても未然に防ぐためにまん延防止等重点措置を継続する必要があると考えております。

〇延長で対策の方針は
詳しい内容は、これから議論をして対策本部で決定をしてまいりますが、基本的な方向性は現行(の要請)を継続していく、それが大枠だと考えています。
いま、千葉県として取っている要請を継続することを基本にですね、最終的に内容を確定させていきたい。

基本的には3県でそろえていくべきだと思っていますし、われわれの措置内容というのは基本的に東京都の措置を受けて、周辺の県として行わなければいけない内容という考え方で決めておりますので、ここに関しては東京都が何か緩めた場合は、われわれも検討の余地はありますが、現段階においては、千葉県独自に何か緩めるというようなことは現時点で考えていません。

〇飲食店に“認証制度”
措置が長期化していけば、飲食店もしくは、飲食店に酒を卸している方々も含めて、かなり幅広い方々に影響が出てまいります。感染防止対策をしっかりされているところに関しては、酒の提供、もしくはある程度の時間営業できるようにしてあげたいと私は考えています。そういう世界をつくるため、急ぎ千葉県として認証制度をスタートしていきたいと考えています。(目安は)5月中で、早められるよう頑張っています。

神奈川県 黒岩知事 “モニタリングの指標が改善していない”

〇延長を要請した理由
感染状況について、激増はしなかったものの、減る感じはなかなか見えてこなかったですね。若干の減少傾向は出たところではありますが、何といってもゴールデンウイーク中のことでありますので、この期間は検査数なども減っているといったことを勘案しますと、まだまだ予断を許さない。まん延防止等重点措置が始まった時と比べてもモニタリング指標は改善をしていないという現状でありますから、とてもここで解除といったことにはならないというのがわれわれの認識です。

変異株が増えてきているという状況を見ますと、やはり、注意を続ける、規制を続けるといったことが、まだ必要と思わざるを得ない。いまの感染状況をみると、ここで緩めてしまうとまた一気に感染拡大、感染爆発といったことにもなりかねないわけでありますので、ここはしばらく我慢をお願いしたい。

期間は、ゴールを設定して、そこに達したら早めに切り上げるといったことも含めてですね、長めに設定すると一番いいと思います。5月末までとお願いをして、1都3県がそろった形で効果があらわれて感染者が減ってくるとなれば、早めの解除ということもあり得ると考えています。

〇延長で対策の方針は 適用する地域は
基本的には今までやってきたことを、そのまま延長するといったことをお願いしたいと考えています。東京都が緊急事態宣言、周辺の3県がまん延防止等重点措置といった若干の差があるわけですが、酒の提供をやめるといったこと、しかも午後8時までの時短要請とそろえてあります。さらに都県境をまたぐ移動については生活に必要な場合を除いて自粛してほしいとずっと呼びかけてきた。デパート等も入場制限をすることによって「密」になることを避けられたこともある。基本的には同じ形のこういう要請を続けていくと考えております。

(適用の地域については)地域の感染状況をずっと分析していますので、まん延防止等重点措置の延長が決まった段階で、改めて県として対策本部会議を開いて、地域を広げるのか広げないのか議論をしたい。

〇“解除”に必要な条件は
神奈川県の腹づもりとしては、それぞれの指標がステージ2になるということが大前提だと思います。解除となれば、ステージ2になる、下がっていく傾向の中でステージ2になるといったことが、最低条件かなと思っています、しかし、1都3県の(措置の)「出口」のところはですね、やはりそろって出ていかないと、またおかしなことになると思います。「入口」より「出口」は、そろえないといけないと思っています。(1都3県で)改めて相談しないといけないですね。これから感染者の状況をみながら「出口」の議論が出てくると思います。

ページトップに戻る