1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 池袋の車暴走事故から2年 「2人の命を無駄にしないよ」遺族の決意

池袋の車暴走事故から2年 「2人の命を無駄にしないよ」遺族の決意

  • 2021年4月19日

「2人を愛しているということ、感謝しているということ、そして愛しているからこそ、2人の命は無駄にしないよと伝えました」
東京 池袋で高齢ドライバーの車が暴走し、母親と幼い娘が死亡した事故から19日で2年になります。遺族の松永拓也さん(34)が事故現場を訪れ、2人への思いや、交通事故を無くしたいという思いを語りました。

事故から2年 慰霊碑に手を合わせる

おととし4月19日、東京 池袋で車が暴走し、歩行者などを次々にはねて自転車に乗っていた松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡し、車を運転していた旧通産省の幹部だった飯塚幸三被告(89)が過失運転致死傷の罪に問われています。

被告は、車の電気系統のトラブルによって暴走した可能性が否定できないとして、無罪を主張しています。
事故から2年となる19日は、朝から、現場近くに設置された慰霊碑に花を手向けたり、手を合わせたりする人が次々と訪れました。

午前8時すぎ すでに多くの花が手向けられていた

遺族の松永拓也さん(34)は、交通安全を呼びかける活動を進めていて、慰霊碑を訪れ、事故が発生した時刻に手を合わせて黙とうをささげました。

2人の命は無駄にしない 交通事故をなくすために

松永さんはこのあと取材に応じ、2人への思いや交通事故を減らしたいという思いを語りました。

●事故から2年経っての思い
「妻と娘が去って本当に悲しみと苦しみの中で生きてきて、必死に自分はどうやって生きていけばいいのか、何をするべきなのか、苦しみながら、葛藤しながら生きてきた2年間だったと思っています。交通事故を撲滅するための活動や裁判に向けて遺族としてできることをすべてやろうという思いで生きてきました。命日でなくても毎日毎日、2人がいない現実と直面していますけれど、あらためて2人がいなくなってしまったんだなと思いました。そしてここに来る度に思うのは、『こんな思いをもう誰にもしてほしくない』『交通事故はゼロにしなくてはいけない』その思いは日を追うごとに強まっていて、決意をあらたにすることができました」

●2人に伝えたこと
「私の心の根底にあるのは、“2人を愛しているということ”、”感謝しているということ”、そして”愛しているからこそ、2人の命は無駄にしないよ”と、その思いでずっと2年間生きてきましたから、それをもう一度2人には伝えました。天国というものがあるかは私にはわからないですけど、おそらく生前の2人だったら、僕のことを心配していると思うので、『2人に胸を張っていつか会えるように生きていくから心配しないで』と伝えました」

●交通事故をなくすために
「私は交通事故の遺族として体験を皆様に伝えて、人間の意識の部分に働きかけることをやっていますけれど、安全運転しようとか、意識で防げる事故もあると思いますが、ただ意識だけでは事故は防げない。法制度や交通環境、車の技術、全部向上していかなくてはいけないので、遺族として国や自治体、メーカーに働きかけていきたいと思っています」

●車を運転する人に伝えたいこと
「私は、誰にも被害者にも加害者にもなってほしくない。そうならないためには、安全に運転しよう、安全に歩行しようという意識や、他者に対する愛を持って運転してほしいし、少し運転するときにこういった人が生まれないようにしようと心がけていただきたいと思います」

●献花台が設置されていろんな人が花を手向けている
「献花してくださる方、祈りを捧げてくださる方、本当にことばにできないくらい、感謝の念にたえません。私はしょっちゅう慰霊碑に来るんですけど、来る度に花が手向けられていて、足を止めてお祈りしてくださる方も見てきました。きょうもたくさんの方が献花をしてくださって、だからこの方々の当たり前の日常・命・幸せ、そういったことを奪われないような社会にしたい、いままでご声援やご支援いただいた部分を私は活動を通して社会にかえしていきたい」

●思いが届いている実感は
「届いているといいなと思いますし、SNSのコメントやお手紙を下さる方、多くの方に伝わっているのかなと思います。ただ、まだまだできることはあると思います。よく『無理しないでください』とは言われるんですけど、たしかに行動することはエネルギー使うし、悲しいことも苦しいこともあるんですけど、逆に僕のエネルギーになっている、生きる力になっているからやめずに続けていきたい。それがめぐりめぐって国、自治体、メーカーに波及していって、1人でも命が守られる社会にしたい。交通事故って本当に無残で、娘とは顔見てお別れもできなかったんですよね。遺体の損傷がすごすぎて。だからこんなことは起きちゃいけないんです。事故は瞬間のことで命も終わるし、人生も変わるし、日常も失われる。こんなに理不尽なことないじゃないですか。だから交通事故をゼロにしたい」

●亡くなった2人はどう思っていると思うか
「2人は亡くなったあと、どう思っているかわからないですけど、生前たくさん話をした僕の知っている2人だったら、『頑張って、応援しているよ』と言ってくれるんじゃないかなと。僕がやりたいと言ったこと、僕がしたいといったことは全部応援してくれたから、そう言ってくれているんじゃないかな。いつか自分が死んだときにそういうふうに言えればいいのかなと思います」

●免許の自主返納が増えたことについて
「私の活動で変わったとは思っていませんが、着実にものごとが進んでいるなと感じます。免許返納されたかたには感謝していますが、地方に住む高齢者は、どうやって生きていけばいいのか、そこをおざなりにして問題解決はしないので訴えていきたい。決して私は高齢者と若年者の分断をあおりたいのではなく、むしろ交通弱者と言われる地方の高齢者を救済する措置を国や自治体にもっと考えてほしい」

●裁判について
「夜1人で眠るときとか、むなしくなるときがあるんです。裁判がどんな結果になっても2人の命や日常が戻るわけではない。でも苦しくなった時に3つ言い聞かせています。1つは、いま裁判に参加することが苦しくても、やれることはやったと将来思えるようにしたい。2つめは、これだけ大きな事故で軽い罪で終わる前例を作りたくない。なぜなら将来、それによって苦しむ被害者や遺族が生まれてしまうから。3つめは、この裁判で真実が明らかになって、こういうことが起きないためにはどうすればいいんだろうという議論につながってほしい。その3つは忘れないようにしたいと思っています」

ページトップに戻る