1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. コロナのワクチン 1回目接種後に感染確認 “すぐには免疫つかない”

コロナのワクチン 1回目接種後に感染確認 “すぐには免疫つかない”

  • 2021年4月6日

新型コロナウイルスのワクチンは2回接種が必要ですが、1回目の接種後も注意が必要です。ワクチンの接種を受けた医療従事者の1人で、1回目の接種後に感染が確認され、厚生労働省の研究班は「すぐには免疫がつかないので、接種後も感染対策を続けてほしい」と呼びかけています。また、厚労省が開設したワクチン専用サイトで接種会場を検索する方法も紹介します。

20代の医療従事者 接種後に感染した可能性が高い

厚生労働省の研究班によりますと、ことし2月下旬にファイザーのワクチンの接種を受けた20代の女性が、新型コロナウイルスに感染したと、医療機関から報告がありました。

報告が入ったのは、女性が1回目の接種を受けた6日後で、接種後に感染した可能性が高いとしています。症状は改善し、すでに退院しているということです。

研究班は、国内でワクチンの接種を受けた医療従事者のうち、およそ1万9000人について健康状態などを調べていますが、接種後に感染が確認されたのは初めてだということです。
研究班は「ワクチンを接種してもすぐに抗体が増えるわけではない。1回目の接種で一定の免疫がつくまでには14日間くらいかかるとみられ、感染対策を続けてほしい」としています。

先月には、アメリカのCDC=疾病対策センターが、ワクチンの接種を終えた人でもわずかに感染する可能性があるとしたうえで、公共の場所でのマスクの着用などが必要だとする見解を示しています。

厚労省のワクチン専用サイト「コロナワクチンナビ」で接種会場検索可能に

厚生労働省の専用サイトでは接種を受けられる医療機関などを検索できるようになりました。
先週、接種を希望する人向けにワクチンの特徴や予約の方法などを紹介する専用サイト「コロナワクチンナビ」が開設されました。

5日からは接種会場を検索できる機能が追加されました。

検索の方法です。
まず、住んでいる都道府県を選んだあと、住んでいる市町村を選びます。

例えば、東京都板橋区を選びます。

すると、

▽接種を受けられる最寄りの医療機関などの名前や住所に加え
▽予約の空き状況
▽扱っているワクチンの種類などが表示されます。

予約自体は受け付けていないため、自治体や医療機関が決めた手続きにしたがって予約する必要があるということです。

厚生労働省は「ワクチンに関するさまざまな情報も掲載しているので接種を受ける前の情報収集に役立ててほしい」としています。
ワクチンについて厚生労働省は高齢者への接種のあと、基礎疾患のある人などに優先して接種を行う方針です。

「コロナワクチンナビ」 https://v-sys.mhlw.go.jp
 

ページトップに戻る