1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. ワクチン接種でコロナ第4波に影響は?AIで試算“効果は限定的”

ワクチン接種でコロナ第4波に影響は?AIで試算“効果は限定的”

  • 2021年3月29日

東京都では新型コロナウイルスの感染者数の増加傾向が続いています。期待されるのはワクチンへ接種の効果ですが、筑波大学のグループがAI=人工知能を使った試算で、仮に東京都で去年夏の第2波と同じペースで感染が再拡大する場合、ワクチンの接種を急いでも次の流行を抑える効果は限定的だとする結果をまとめました。

ワクチン接種のペース早めても…

これは筑波大学の倉橋節也教授らのグループがAIを使ったシミュレーションで試算したものです。グループでは、去年1回目の緊急事態宣言が解除されてから夏に第2波が来た際と同じレベルで感染が再拡大すると仮定して、ワクチン接種が感染の広がりにどう影響するかを試算しました。

その結果、東京都ではワクチン接種が無い場合、5月中旬に感染の第4波がピークとなり、1日の新規感染者数は1850人になるという結果となりました。

一方、高齢者にワクチンの優先接種を開始し、東京都で毎日人口の0.3%に当たるおよそ3万5000人に滞りなく接種した場合でも、5月のピーク時には新規感染者数は1日1650人で10.8%の減少にとどまるという計算になりました。

接種のペースを早め、毎日人口の1%に当たるおよそ11万5000人に接種した場合、ピーク時の新規感染者は1日1540人で16.8%減りましたが、流行自体を抑えることはできず効果は限定的との結果になりました。

試算を行った倉橋教授
「第4波にはワクチンの効果は期待できないことが分かった。流行を抑える効果が現れ始めるのは、順調に行っても7月以降なので引き続き会食時の飛まつ対策などを続けることが重要だ」

「都県またいだ行動控えて」東京都

東京都は28日、都内で新たに10代から100歳以上までの男女合わせて313人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

1週間前の日曜日と比べて57人増えています。
1週間前の同じ曜日を上回るのは9日連続で、増加傾向が続いています。
28日までの7日間平均は351.0人で、前の週の116.6%となりました。
前の週から増えるのは16日連続で増加傾向が続いています。

都の担当者
「感染者の増加が止まらなくなり始めている。比較的少ない傾向がある日曜日で300人を超えたことは今後の感染者数を見ていく上で心配材料だ。全国的にも増えてきているので都県をまたいだ旅行などリスクのある行動は控えてほしい」

人出の多さが目立つ

ページトップに戻る