1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 栃木 足利の山火事 鎮火見通し立たず 群馬 桐生 勢いおさまる

栃木 足利の山火事 鎮火見通し立たず 群馬 桐生 勢いおさまる

  • 2021年2月26日

栃木県足利市の山火事は26日で発生から5日となります。空気が乾燥した状態が続き、週明けまではまとまった雨も降らない見込みで、鎮火の見通しは立っていないということです。市はあわせて305世帯に避難勧告を出しています。
一方、25日群馬県桐生市の山火事は、火の勢いがおさまってきていますが、完全に消えていないため、引き続き消火作業が続けられています。

消火活動も延焼続く 約100ヘクタール焼ける

栃木県によりますと今月21日に足利市西宮町で発生した山火事は延焼が続いていて、25日の時点でおよそ100ヘクタールが焼け、さらに燃え広がっているということです。26日は午前6時半ごろから自衛隊がヘリコプターを使った消火活動を続けていて、消防も地上からの放水活動を行っています。

避難勧告 計305世帯に

足利市は住宅地への延焼のおそれがあるとして、25日までに市内のあわせて207世帯に避難勧告を出しましたが、26日午前8時に対象を拡大し、新たに市内の98世帯に避難勧告を出しました。これで避難勧告が出されているのは、あわせて305世帯となりました。市内の3か所に設けられた避難所には、26日午前8時の時点であわせて6世帯11人が避難しているということです。

避難勧告対象住民は

このうち足利市本城二丁目では午前7時半ごろ、同じ地区内にある住宅のおよそ50メートル先の山の斜面から白い煙が立ち上っているのが確認されました。周辺には焦げ臭いにおいが立ちこめ、空からは灰も降っていて、住宅にとめてあった車のボンネットの上にもうっすらと積もっていました。付近の住民たちはバケツやホースで自宅の壁に水をかけたり、避難に備えて車に水や食料を積み込んだりしていました。

付近に住む女性
「いつでも避難できるよう貴重品を身につけて家には水をまいた。昨日も一晩中眠れず、心配で涙が出そうになる」

別の女性
「水や必要な食料などを車に積み込んだ。住宅地に向かって山の中腹まで赤い火がきているのが見える。避難勧告に関わらず、状況によってはすぐ避難しようと思っている」

高速道通行止め その他被害は

また、東日本高速道路によりますと、現場近くを走る北関東自動車道は一部区間で通行止めが続いています。市によりますとこれまでに火事によるけが人はいませんが、山中にある木造の神社の建物が全焼しました。

週明けまでまとまった雨降らない見込み

宇都宮地方気象台によりますと栃木県内は26日まで11日連続で乾燥注意報が出されていて、週明けまではまとまった雨も降らない見込みです。鎮火の見通しは立っていないということで、消火活動は難航しています。

群馬 桐生の山火事 勢いおさまるも引き続き消火

一方、25日に群馬県桐生市の山林で起きた山火事は火の勢いがおさまってきていますが完全に消えていないため、消防などが26日も消火にあたっています。

25日午前、桐生市黒保根町の山林で山火事が発生し、県や市によりますと25日夕方の時点で、およそ15ヘクタールが燃えました。火は完全に消えておらずきょうも早朝から消防や自衛隊などがヘリコプターも使って消火にあたっていて火の勢いはおさまってきているということです。市や消防によりますと近くの住宅などに被害は出ていません。一方、警察は近くに住む70代の男性が山の中で杉の葉を燃やしていた際に火が燃え移ったとみて調べています。

ページトップに戻る