1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. コロナ 高齢者の感染者数が12月の2.5倍に 9割が施設内と家庭内

コロナ 高齢者の感染者数が12月の2.5倍に 9割が施設内と家庭内

  • 2021年2月1日

東京都のまとめで、1月に新型コロナウイルスに感染していることが確認された65歳以上の高齢者が前の月の2.5倍に増え、このうち感染経路がわかっている人の9割を「施設内感染」や「家庭内感染」が占めていることがわかりました。都は、施設に対して検査を積極的に行うなどして感染拡大を抑えるとともに、高齢者や同居する家族に対しても改めて対策の徹底を呼びかけています。

2月1日 東京都 393人の感染確認

東京都は、1日午後3時時点の速報値で都内で新たに393人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。500人を下回るのは去年12月28日以来で、400人を下回るのは去年12月21日以来です。

(年代別)
10歳未満   9人
10代   17人
20代   62人
30代   64人
40代   63人
50代   54人
60代   32人 
70代   30人
80代   47人
90代   15人

高齢者2.5倍に 施設内と家庭内が9割

一方、東京都内で先月、新型コロナウイルスの感染が確認された65歳以上の高齢者は前の月の2.5倍に増加し、このうち感染経路がわかっている人の9割近くは、施設内と家庭内での感染だったことが都のまとめでわかりました。

東京都内で1月、新型コロナウイルスに感染していることが確認された3万9664人のうち、65歳以上の高齢者は6477人でした。
12月の2569人から2.5倍の増加です。
感染が確認された全員に占める65歳以上の高齢者の割合も、1月は16.3%と、12月から3ポイント上昇しました。

都によりますと、高齢者が入院や入所している医療機関や高齢者施設での「施設内感染」や、「家庭内感染」が多いことが要因です。

感染経路がわかっている65歳以上の高齢者3496人のうち、「施設内感染」は47.2%の1649人、「家庭内感染」は39.8%の1392人で、この2つで9割近くを占めるということです。

都は、施設に対しては、検査を積極的に行うなどして感染拡大を抑えるとともに、高齢者や同居する家族に対しても改めて対策の徹底を呼びかけています。

ページトップに戻る