1. NHK
  2. ちかさとナビ
  3. 首都圏 News Up
  4. コロナ 都内の入院患者最多「増え方急速 相当な負担」

コロナ 都内の入院患者最多「増え方急速 相当な負担」

  • 2020年12月7日

東京都内の新型コロナウイルスの入院患者は、6日までの3日連続で過去最多を更新し、6日に初めて1800人を超えました。確保した病床に占める入院患者の割合は70%を超え、「第2波」の時に迫っています。東京都医師会の副会長は、NHKのインタビューに、新規の入院患者が一気に増え、医療機関にとって相当な負担になっているという危機感を示しました。

第1波ピーク1413人 第2波1710人 第3波1856人(6日)

東京都が、入院患者の正確な人数を公表するようになったのは、ことし5月12日で、いわゆる「第1波」で最も多かったのは5月12日の1413人でした。

その後は減少し、最も少なかった6月20日には204人まで減りましたが、7月ごろから増加に転じていわゆる「第2波」でのピークは8月11日の1710人でした。

その後、11月上旬にかけては1000人前後で推移していましたが、中旬以降は再び増加傾向となり、6日にはじめて1800人を超え、1856人となりました。

入院患者は6日までの3日連続で過去最多を更新しています。

確保した病床に占める患者の割合70%超え

都が確保した病床に占める入院患者の割合も徐々に高くなり、6日は70.3%でした。

この割合が最も高かったのは、「第2波」で入院患者が最多だった8月11日の71.3%で、6日はこれに迫っています。

都は重症の患者用の50床を含む360床を新たに確保してあわせて3000床にするよう医療機関に要請しているほか、症状が軽い人や無症状の人向けの「宿泊療養施設」も活用し、病床のひっ迫を防ぎたい考えです。

都の担当者
「重症化するリスクの高い65歳以上の高齢者の感染が増えていることが入院患者の増加の要因の1つだ。さらに、若い人よりも基礎疾患のある40代と50代の人の感染が多くなっていることも背景にある」
「夏のいわゆる『第2波』では若い人が多かったので、入院患者はそこまで増えなかった。今後は患者を増やさず減らしていくことが大事だ。酒を提供する飲食店などの営業時間の短縮や『Go Toトラベル』の自粛の効果をみていきたい」

東京都医師会副会長「急速に増加で医療機関に相当な負担」

東京都医師会の猪口正孝 副会長はNHKの電話インタビューに対し、新規の入院患者が一気に増え、医療機関にとって相当な負担になっていると危機感を示しました。

(1)入院患者の最多更新について
「1週間たたないうちに200人増えている。数の多さはもちろんだが、増え方が急速であることに注目したい。入院する際の1日目は手続きや診断、さらに治療の開始と多くの手順が必要でとても重要だ。そのため、新規の入院患者が一気に増えるということは、医療機関にとって相当な負担になっていると思われる」

(2)病床に占める入院患者の割合が70%を超えたことについて
「もともと入院をうまく回すためには病床の占有率を100%にすることは考えられず、85%の占有率で回すほどの余裕がないと対応できない。それを考えると70%に達しているということは入院させたいけど、すぐにはできないという状況も起きているかもしれない」

「新型コロナウイルスに新たに感染した人のきょう、あすの数字がとても大事になってくる。この数字によってはもっと患者を受け入れるベッドの数を増やさないといけない状況になるかもしれない」

(3)訴えたいことは
「医療機関はなんとか持ちこたえているが、局面、局面では厳しい状況になっている。これが打開できるのは都民のみなさんで、1人1人が感染しないでいただくしかない」

神奈川県 入院基準を点数化

神奈川県は、新型コロナウイルスで入院する人の数を抑えて医療提供体制を維持しようと、7日から、年齢や病状などを点数化して、医師が入院の必要性を判断する新たな基準を導入しました。

神奈川県ではこれまで、65歳以上の人や特定の疾患がある人などは、軽症や無症状でも原則、全員が入院としていましたが、新たな基準では重症化につながるリスクをまず点数化します。

具体的には、65歳以上は2点、75歳以上は3点とした上で、症状の重さや糖尿病などの基礎的な疾患があるかなどによってさらに点数が追加されます。

一方、無症状の場合はマイナス1点となり、合計5点以上が入院の目安となります。

神奈川県の資料より

この基準を参考に最終的に医師が判断するということで、入院の必要がない場合は、県が用意した宿泊施設や自宅で療養してもらう方針です。

県はこの基準により、新たに入院する人を半分程度に抑えられるのではないかとしています。

基準作りを主導した県医療危機対策統括官の阿南英明医師
「本当に入院が必要な人の病床を確保するため、基準の見直しに踏み切った。最終的に医師が判断するが、共通の基準があれば役に立つと思う。入院しなかった人については、今も保健所などがこまめに状況を確認しているが今後、さらに、血液中の酸素濃度を測る機器を提供するなどして安心して療養できるようにしていきたい」 
 

ページトップに戻る