1. NHK
  2. ちかさとナビ
  3. 首都圏 News Up
  4. 「穴あき雲」 関東各地で目撃相次ぐ【動画あり】

「穴あき雲」 関東各地で目撃相次ぐ【動画あり】

  • 2020年11月30日

こんな雲、見たことありますか?11月30日の朝、広がる雲にぽっかり穴が空いたような雲が千葉県や神奈川県、四国などで目撃され、SNSに相次いで投稿されました。専門家に聞くと、これは秋から冬への変わり目に発生しやすい「穴あき雲」と呼ばれる雲。なぜ穴の空いたような雲ができるのでしょうか。

動画提供:視聴者

千葉市緑区で午前9時半ころに撮影された映像です。

「タイムラプス」という手法で5分を10秒に縮めて撮影された動画で、穴のあいた雲が
風に流されているのが映っています。

撮影した男性
「午前7時前から空を見ていたが帯状のうろこ雲が流れていっていて、3つ、4つの穴が
ぽこぽこ現れていたときもあった」 

NHKの「スクープBOX」にも投稿が相次ぎました。

 午前8時ごろ千葉市若葉区で撮影された写真では、雲の合間に大きな穴があいたようになっています。

撮影した60代の女性
「はじめて見る雲でとても驚いた。同じような穴が、見える範囲だけでも2、3個あった」

横浜市金沢区で午前9時ごろに撮影された写真です。

50代の男性がヨットハーバーから撮影したということで、「穴あき雲」が見えたのは海の上空だったということです。

気象庁気象研究所の荒木健太郎研究官によりますと、これは秋から冬への変わり目に発生しやすい「穴あき雲」と呼ばれる雲だといいます。

上空高いところにあるうろこ雲は水滴でできていて、そこに氷の粒が発生すると、その粒に周りの水蒸気が付着します。
さらにそこに水蒸気が集まっていきうろこ雲の水滴が蒸発するため、穴の空いたような雲ができるということです。

荒木研究官
「きょうは各地にうろこ雲が広がったことが『穴あき雲』の原因とみられる。同じ時間帯に各地で見られるのは珍しい」

ページトップに戻る