STOP詐欺被害!

  • 2024年5月22日

“ATMに着いたら電話を” 富士見市の事例で学ぶ特殊詐欺の対策【動画あり】

キーワード:

詐欺のさまざまな手口をお伝えし、被害を未然に防ごうという「STOP詐欺被害!」です。
最近、実際にあった手口をお伝えします。
今回のテーマは「ATMに着いたら電話して」に注意です。

実際にあった詐欺の手口

4月、埼玉県富士見市に住む70代の女性の自宅に市役所の職員を名乗る男から「医療費の還付金があります。手続きは市役所のATMでできます」と電話がありました。

そして、「着いたら電話をしてください」と求めたということです。

話を信じた女性は、市役所に出向いてATMの前から職員を名乗る男に電話をかけ、電話をつないだまま指示されたとおりATMを操作しました。

その結果、逆に現金およそ10万円を振り込んでしまい、だまし取られました。

特殊詐欺の被害を防ぐには…

皆さんへのお願いです…「ATMに着いたら電話して」に注意!

市役所の職員や警察官を名乗って「還付金を受け取れる」などと電話するのは、典型的な詐欺の手口です。

こうした場合、詐欺グループは狙いどおりATMを操作させるためその場から電話するよう求めることがよくあります。

今回、被害に遭った女性は、こうした手口があることは知っていましたが、それでも言葉巧みに説明してくる相手と電話しているうちに信じてしまったということです。

電話で還付金の話が出れば必ず詐欺を疑って、ATMの前から電話するよう求められても絶対に断ってください。

あわせて読みたい

ページトップに戻る