MIRAIMAGINE

Menuメニュー
Clip

メニューを開きます

MIRAIMAGINE

Menuメニュー
Clip

メニューを開きます

五輪追加種目で注目の空手少女・高野万優選手

クリップ
ページを保存しました。画面右上から保存したページを一覧でみれます。
五輪・パラ
アスリート
新潟ニュース610
新潟
2015年9月30日

2020年の東京オリンピックで、追加種目として提案される5つの競技の1つに空手が選ばれました。
この空手の広報活動を行う「アンバサダー」にも選ばれた小学生の女の子が、新潟県長岡市にいます。
今、オリンピックを夢見て、練習に励んでいます。

■空手の「形」で全国大会3連覇の小学3年生

長岡市の高野万優(まひろ)さん、9歳。
まだあどけなさの残る小学3年生です。

しかし、演技を始めると…。

あふれる気迫と、切れ味鋭い動きで周囲を圧倒します。

空手の「形(かた)」は、決められた技の完成度や力強さを競い、東京オリンピックに提案される種目に入っています。

万優さんは、この「形」で、全国大会の学年別で3連覇している実力の持ち主です。

「友達もたくさんできるし、試合とかで勝つといろんな人に誉められたりするので、そういうところが空手のいいところだと思います」。

■動画サイトがきっかけで世界中から反響が

万優さんが注目されるきっかけになったのは、インターネットの動画サイトです。
万優さんの演技を載せたところ、その完成度の高さに世界中から反響が寄せられました。

去年5月に掲載した動画の再生回数は、470万回を超えました。

■ずば抜けた集中力、指導者も「ただものではない」

動画を掲載した道場の指導者、菊地たか子さんです。

4歳で空手を始めた万優さんのずば抜けた集中力に驚いたと言います。

「絶対にただものではなかったんですよ。
 行間を読むというんですか、私が言わんとしていることをちゃんと理解するというか。
 本当に彼女は園児なんだろうかというぐらい飲み込みも良く、それをしっかり動きに反映してくるんですよね」。

「彼女の場合は、3か所指摘すると3か所直すんですよ。それがやっぱり、本当にただものではないなという感じですね」。

■「KARATEアンバサダー」の1人に就任

こうした実力と注目度から、万優さんはオリンピックに向けて広報活動を行う「KARATEアンバサダー」の1人に任命されました。

「オリンピックに空手が選ばれて、すごくうれしいです」。

■しかしオリンピック出場には年齢制限の壁が

しかし、オリンピックの出場には年齢制限の壁が立ちはだかっています。

現在、世界選手権の年齢制限は16歳以上。
5年後の2020年、万優さんは14歳のため、このルールが適用されるとオリンピックには出場できません。

これについて、全日本空手道連盟は、
「『形』は体の接触がなくケガの心配がない。
 オリンピックでは年齢制限を引き下げる提案をして、道筋を作ってあげたい」
としています。

■東京オリンピック出場に向け夢を膨らませる

東京オリンピックへの道は開けるのか。
万優さんは夢を膨らませています。

「2020年の東京オリンピックに出たいです。
 東京オリンピックに出るっていう目標を立てたので、今も東京オリンピックに出て優勝するって練習しているので、東京オリンピックに出たいと思いました」。


5年後の東京オリンピック。
追加種目は来年8月のIOC総会で正式に決定されます。
万優さんの夢、かなってほしいですね。

ときたんとどーもくん新潟放送局ホームページ別ウィンドウで開く

続きを読む

関連のページ

首都圏NEWS WEB 関連記事

人気のページ

Twitter公式アカウントで更新情報をチェック

@nhk_shutoken

別ウィンドウで開く

※NHKサイトを離れます