夏の男メシ!料理のお悩み解決します! ~朝昼晩3変化レシピ~

  • 2019年7月31日

夏休みの献立にお悩みの方必見!「夏の男メシ!」と題して料理研究家の高橋善郎さんと大の料理好き、タレント・俳優の城咲仁さん。この2人に1回の料理をアレンジするだけで朝昼晩乗り切れるお得なレシピを紹介してもらいます。

【番組で紹介したレシピ】

「マーボー豆腐」

<材料>(4人分)
ミートソース…1缶(290g)
水…300ml
木綿豆腐…2丁
サラダ油…大さじ1
ねぎ…60g
しょうが…15g
にんにく…4片
しょうゆ…大さじ1
鶏ガラスープのもと…大さじ1/2
豆板醤(トウバンジャン)…小さじ1/2(辛めにする場合は 大さじ1/2)
水溶きかたくり粉(かたくり粉大さじ1.5+水50ml)
黒こしょう…適量

<つくり方>
1.木綿豆腐にペーパータオルを巻いて重しをして水を抜く。水溶き片栗粉を作る。にんにく、しょうが、ねぎを粗みじん切りにする。
2.フライパンにサラダ油を引いて、にんにく・しょうが・ねぎを炒めて しょうゆを入れる。ミートソース、水、鶏ガラスープのもと、大きめに切った豆腐を入れて、沸騰したら弱火で5分間煮込む。
3.黒こしょうを入れて水溶きかたくり粉でとろみをつけて完成。


「晩ごはん!マーボー豆腐丼」

<材料>(1人分)
卵…1個
細ねぎ…1/2本
ご飯…適量
ごま油…適量
粉ざんしょう(花椒(ホワジャオ))…適量
ラー油…適量

<つくり方>
1.細ねぎを小口切りにする。半熟卵を作る。
2.器にご飯を盛り付けてマーボー豆腐をかける。細ねぎをちらして、お好みで、ごま油、粉ざんしょう(花椒)、ラー油を適量かけるれば完成。


「朝ごはん!サルササンド」

<材料>(2人分)
サンドイッチ用パン…8枚
マーボー豆腐…120g
ピーマン…1個
たまねぎ…20g
米酢…大さじ1
トマト…1/4個
ハム(スライス)…2枚
スライスチーズ…2枚
ケチャップ…大さじ1.5
レタス…40g
ペッパーソース…適量

<つくり方>
1.たまねぎ、ピーマンはみじん切り、トマトさいの目切りにする。
2.たまねぎに米酢をかけて混ぜる。
3.レタスを千切りにする。
<サルサソースを作る>
4.マーボー豆腐に(1)を加えて、ペーパータオルで水分を絞った(2)を入れる。
5.ケチャップを入れて、お好みでペッパーソースを加える。
6.パンにサルサソース、ハムやチーズ、レタス、サルサソース、パンの順番に挟んで、斜めにカットして完成。


「昼ごはん!冷やし麻ボーロネーゼのカッペリーニ」

<材料>1人分
カッペリーニ…90g
マーボー豆腐…200g
ケチャップ…大さじ1
ウスターソース…小さじ1/2
塩…少々
バジル(青じそ)…7~10枚
オリーブ油 大さじ…1/2
ミニトマト…3個
粉チーズ…大さじ1
黒こしょう…適量
レモン…1/8カット
氷…適量

<つくり方>
1.パスタをゆでるお湯を沸かしながら、盛り付ける皿を冷凍庫で冷やしておく。
2.ミニトマトは粗みじん切り、バジルは千切り、レモンはくし切りにする。
3.冷やしたマーボー豆腐にケチャップ、ウスターソースを入れて混ぜる。
4.カッペリーニをゆでて、水で粗熱をとってから氷水でしめる。
5.しっかり水を切ってボウルに入れ、オリーブ油と塩少々を入れて混ぜて皿に盛り付ける。
6.麺の上の中央にマーボー豆腐を盛り付けて、ミニトマトを散らす。粉チーズ、黒こしょうをかけて、バジルを散らして完成。
 

「基本の蒸し鶏」

<材料>5枚分
鶏むね肉…5枚
<A>
 酒…1と1/2カップ
 砂糖…50g
 塩…20g
 こしょう…小さじ1/4

<つくり方>
1.鶏むね肉をまな板の上におき、麺棒で厚さが約1.5cm幅の均等になるまでたたく。(ラップをうまく使用するとまな板や麺棒が汚れない)
2.鍋に<A>を入れ、ひと煮立ちさせる。二重にしたベーパータオルを底にしき、鶏肉を入れ、フタをして弱火で20分間前後、火が通るまで蒸す。料理に合わせて適宜使用する。

★ポイント
・ペーパータオルをしくと熱のあたりが柔らかくなり均等に火が通りやすくなる。
・鍋の大きさによって火の入る時間が異なるので微調整してください。(鍋の口が狭いものは途中で鶏肉を裏返すと◎)
・鳥のうまみや香りたっぷりの蒸し汁は捨てずにとっておく。
 

「朝ごはん!冷やし鶏茶漬け」

<材料>(4人分)
ごはん…茶わん4杯分
蒸し鶏…1枚
梅干し…中4個
小ねぎ…10本分
みょうが…3本
白ごま…適量
<A>
 水:4カップ
 基本の蒸し鶏を作ったときの蒸し汁…1カップ 
 ごま油…大さじ1
 しょうが(すりおろし)…小さじ1
 塩…小さじ1
 しょうゆ…小さじ1

<つくり方>
1.蒸し鶏は手でさき、梅干しは種を取り除く。小ねぎは小口切りにし、軸を切り落としたみょうがは輪切りにする。
2.鍋にAを入れ、ひと煮立ちさせる。蒸し鶏を加え、弱火で10分間ほど煮る。火を止め、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
3.茶わんに ごはん、蒸し鶏、梅干し、小ねぎ、みょうがをバランスよく盛り付け、(2)を流し入れる。

★ポイント
・(2)のだし汁は前日に作っておき、冷蔵庫で冷やしておくとすぐに食べられるので便利。
・蒸し鶏自体は既に火が通っていますが、漬け汁を作る際に蒸し鶏を作ったときの蒸し汁を加えることで鶏の旨みが全体にいきわたる。
・今回はみょうが、小ねぎを使用しますが、三つ葉や青じそなどで代用しても◎。


「昼ごはん!蒸し鶏のマヨポン照り焼き」

<材料>(4人分)
ごはん…茶碗4杯分
蒸し鶏…2枚
しめじ…2袋
ミニトマト…12個
アーモンド(粗めにくだく)…20g
レタス…適量
ラー油…適量
<A>
 マヨネーズ…100g
 ポン酢…大さじ2
 にんにく(すりおろし)…小さじ1
 ごま油…小さじ1
 豆板醤(トウバンジャン)…小さじ1
 しょうが…小さじ1/2 

<つくり方>
1.蒸し鶏は縦半分間に切り、1.5cm幅のそぎ切りにする。しめじは石づきを切り落とし ほぐす。ミニトマトはへたをとる。Aをボウルに入れ、混ぜ合わせる。
2.耐熱皿にしめじを入れ、ラップをかけ、600Wの電子レンジに3分間ほどかける。蒸し鶏、ミニトマトを加え、ラップをかけ、さらに電子レンジに2分間ほどかける。
3.<A>のボウルに(2)を加え あえる。器にレタスと一緒に盛り付け、アーモンドをちらしラー油をかけて完成。

★ポイント
・蒸し鶏には火が入っているので、電子レンジにかける際は温める程度でOK。
・最後にナッツ類を加えると食感に変化が出て最後まで飽きずに食べられる。
・豆板醤を加えることでよりごはんも進む味付けに。


「蒸し鶏とアボカドの青じそみそチーズ焼き」

<材料>4人分
蒸し鶏…2枚
アボカド…中2個
エリンギ…中2本
ピザ用チーズ…100~120g
<A>
 青じそ…10枚分間(みじん切り)
 みそ…大さじ3
 マヨネーズ…大さじ2
 みりん…大さじ2 
 にんにく…4片分(みじん切り)

<つくり方>
1.蒸し鶏は少し粗めにほぐす。アボカドは種を取り除き、皮をむき2cm幅の角切りにする。石づきを切り落としたエリンギは5mm~1cm幅の斜め切りにする。
2.ボウルにAを入れ、混ぜ合わせる。(1)を加え、あえたら耐熱皿に盛り付け、チーズをのせる。
3.オーブントースターで表面に焼き色がつくまで10~15分間ほど焼く。

★ポイント
・アボカドやチーズの脂質は良質なエネルギー源なので適度にとるのがオススメ。夏らしくさっぱり食べられるようあえるソースに刻んだ青じそを加える一工夫を。
・アボカドは焼くとほっこりとした食感に。チューブタイプのにんにくでもよいが、生のにんにくを加えることで食欲増進効果がさらにアップ。
・オーブントースターは1200Wの機種で240度設定での時間を表記。
 

【VTR出演】

城咲 仁さん(タレント・俳優)



高橋 善郎さん(和食料理店店長・料理研究家)

ページトップに戻る