ずぼらヨガで春バテ解消

  • 2019年4月18日

この時期、眠い・だるい・やる気が出ないなど心身の不調を訴える人が多いといいます。もしかするとその症状、「春バテ」が原因かもしれません。春バテとは何か専門家に教えてもらうとともに、いま注目の「ずぼらヨガ」で自分のペースで春バテを解消していきましょう。

■「春バテ」とは?
3月から4月に 疲れが取れない、だるい、やるきが起きない、眠くてしかたがないなど心身の不調を感じる。

「春バテ」の原因
自律神経の不調
 寒暖差のある気温の変動。
 進学や就職などの生活の変化によるストレス など。

■自律神経
脳からの指令を受けて、血管や内臓の働きなどをコントロールする。
昼間に活性化し全身を緊張させる「交感神経」
安静時や夜に活性化して全身をリラックスさせる「副交感神経」
この2つのバランスが取れていることが大切。

「春バテ」対策
・ファッションで体を冷やさない
春であっても寒い日には冬用のコートを着たり、ストールなどで体を冷やさないようにする。

・夜も体を温めてリラックス
副交感神経を優位にしてしっかり休むことでエネルギーを保存する。
 40度以下、38度くらいのお湯に10分以上つかる。
 炭酸ガス入りのお風呂がオススメ。(市販の入浴剤なら手軽にできる)

・軽い運動や柔軟を行う
ストレッチで血の巡りをよくしたり、軽い運動を継続して体力をつけることで、自律神経のバランスを整える。


「春バテ」解消 ずぼらヨガ

◇基本の呼吸法

◇呼吸筋ほぐすポーズ

◇姿勢をよくするポーズ・ねじり

◇姿勢をよくするポーズ・猫ねじり


■VTR出演
116215
東京有明医療大学教授 川嶋朗さん

■スタジオゲスト

日本ヨガメディカル協会代表理事 岡部朋子さん

■「春バテ」について
ウーマンウェルネス研究会 事務局
メール:info@well-lab.jp

■「ずぼらヨガ」について
「株式会社 飛鳥新社」
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-4-3 光文恒産ビル2F
電話:03-3263-7773
FAX:03-3263-9641


「自律神経どこでもリセット!ずぼらヨガ」より
著者・崎田ミナさん 監修・福永伴子さん

ページトップに戻る