ひるまえほっと

  • 2021年5月12日

90歳現役フィットネスインストラクター タキミカ直伝!エクササイズ

キーワード:

コロナ禍で運動不足を感じる人も多いのではないでしょうか。高齢者や運動を始めたばかりの人でもできる「タキミカ体操」より特にオススメのエクササイズを90歳の現役フィットネスインストラクター、タキミカこと、瀧島未香さんに紹介してもらいます。

足首回し・犬猫ポーズ

【足首回し】

・座って、手をお尻のそばについて、足首だけを回します。 
 ポイント:指先で円を描くように大きく!股関節を動かさないようにする。 
・腰が痛い人はひざに手を置いて行ってもOK。 
・最初は、左右、10回ずつでも十分。 
★年を重ねると小さな段差でも転んでしまうことがありますが、足首を丈夫にすることで転びにくくなります。回しにくいと感じている人も、続けていけばスムーズに動かせるように!

【犬猫ポーズ】

・四つんばいになります。手は肩の下に。 
・【犬ポーズ】息を吐きながら、腰のアーチを作って、天井を見ます。肩甲骨を寄せます。 
・【猫ポーズ】背中を丸くして、へそを見ます。肩甲骨を開きます。床を手で押しながら。 
★腰が痛い人はアーチを無理に作ろうとしないで、少しでも大丈夫。痛気持ちいいくらいが目安。慣れてきたら、可動範囲を広げてスムーズに行えるようになると良い。 
★続けることで姿勢改善が期待できる。背骨のゆがみが整い、後ろ姿も若々しくなります!

肩回し・しこひねり

【肩回し】

・肩に手をのせ、両ひじをタッチ(難しい人は、近づけるだけでOK) 
・ひじを上に上げて、思い切り後ろに回す。 
 ポイント:ひじは、なるべく高い位置まで上げる。肩甲骨がしっかり動いていることを意識。 
・ひじをまたタッチ。 
・大きく、後ろに回します。 
★肩こり、腰のハリが軽減される。デスクワークが多い人にもおすすめ。猫背の人は、肩甲骨の動きが制限されてしまっているので、そこを滑らかにするのにとても良い!

【しこひねり】

・自分の開ける範囲で脚を開く。 
・膝に手を置く。 
・片方の手で膝をおして、肩を入れる(無理をしない) 
・肩甲骨が開くように(痛い時は無理をしない) 
・反対も同じように行う。 
★無理しないで、諦めないで続けることが重要。1日1ミリずつ開けるようなイメージ。 
★股関節&肩甲骨伸ばしで可動域を広げられます。さらに、お尻アップも期待できます! 
 

瀧島さん 
「最初は、基本の「タキミカ体操」を毎日5分ほどやってください。それぞれおよそ1分間ずつが目安です。無理しないで、続けることが大事!」


◆エクササイズ紹介 

瀧島未香さん

あわせて読みたい

ページトップに戻る