ひるまえほっと

  • 2021年3月2日

きじまりゅうたの“リモートで”超かんたんごはん

キーワード:

リモートワークでおうちにいるお父さんや、同世代の料理を覚えたて!という人からの相談がSNSで増えたという料理研究家のきじまりゅうたさん。 
料理初心者でもできるかんたんレシピを紹介します!

かきたまスープ

<材料>(2人分) 
キャベツ … 100g(1/8個) 
しめじ … 50g 
卵白 … 2個分 
オリーブ油 … 大さじ1 
黒こしょう(粗びき) … 少々 
水 … 300ml 
塩 … 小さじ1/4

<つくり方> 
1.キャベツを1cm幅の細切りにする。包丁が苦手なひとはハサミを使っても手でちぎってもOK。 

2.しめじのかたい石づきの部分は2cmほど切り落としたらあとは手で粗くほぐせばOK。 

3.鍋にオリーブ油をいれ、切ったキャベツとしめじを入れてから火をつける。 
ポイント:「コールドスタート」鍋に油をひき、食材を入れてから点火することで、徐々に熱が伝わるので野菜が焦げにくい。初心者でも失敗しにくい。 

4.中火で3~4分炒める。 

5.キャベツに火が通ってきたら 水と塩を入れて煮立たせる。 

6.卵を白身と黄身で分けておく。 
ポイント:卵は平らなところで割ると殻が中に入りにくい。 

7.白身をほぐして、煮立った鍋に回し入れる。 
ポイント:ほぐすときはやさしく。強めに混ぜると濁りやすい。 

8.弱火で2~3分煮て白身が固まったら火を止めて盛り付ける。 

9.黒こしょうを少々、お好みでオリーブ油(分量外)をさっとたらせば完成。

ケチャップライス

<材料>(2人分) 
ごはん(温かいもの) … 茶わん2杯分 
ウインナーソーセージ … 4本 
たまねぎ … 1/2個 
粉チーズ … 大さじ2 
卵黄 … 2個分 
サラダ油 … 大さじ1/2 
ケチャップ … 大さじ4 
しょうゆ … 大さじ1 
バター … 10g

<つくり方> 
1.たまねぎを繊維を断つように切る。 
ポイント:繊維を断つように切ると細胞が壊れるので、短時間で火が通りやわらかい食感になり甘みがでやすい。繊維に沿って切ると、繊維が残るので加熱しても形が崩れにくく、シャキシャキ食感が残る。 

2.ウインナーソーセージは1cmほどの輪切りにする。 

3.炒める前に調味料のケチャップとしょうゆを混ぜておく。 
ポイント:先に調味料を混ぜておくことで慌てない。味のムラも防げる。 

4.コールドスタートで炒めていく。フライパンにサラダ油とたまねぎを入れてから中火をつける。 

5.たまねぎが しなっとしてきたら、(2)を入れてうすく焼き色をつける。 

6.(3)を入れてから バターを入れてなじませる。 
ポイント:バターは焦げやすいので最初から入れずに、調味料と同じタイミングで入れる。 

7.ケチャップソースがふつふつしてきたらごはんを入れ、ほぐしながら炒める。ごはんはあたたかいほうが ほぐれやすいのでおすすめ。 

8.まんべんなく混ざったら器に盛りつけ、粉チーズをかける。 

9.最後にごはんの中央をくぼませ、卵の黄身をのせたら完成。

 

◆レシピ紹介 
 
料理研究家 きじまりゅうたさん

あわせて読みたい

ページトップに戻る