1. NHK
  2. ちかさとナビ
  3. ひるまえほっと
  4. いま旬市場 マダイ・1月おすすめの花

いま旬市場 マダイ・1月おすすめの花

  • 2021年1月15日

豊洲市場から秋から冬にかけて脂がのっておいしくなってくる「マダイ」と、大田市場から「1月におすすめの花」を紹介します。

マダイ(香川県産)

マダイは秋から冬にかけて脂がのっておいしくなり、捨てるところがない魚といわれている。

■おいしいマダイの見分け方
【丸々1尾の場合】

・腹にはりがある
・全体的にうろこがきれいに残っていて、つやがあるもの

【刺身用の場合】

・ピンクと白がはっきりしている
・薄く白い脂の層がある

【切り身の場合】

・断面がきれいに切られている
・血合いの色がきれい

■おすすめの食べ方
『カルパッチョ』
刺身用を、塩・こしょう・レモン・オリーブ油でサラダ風に。


『かぶと焼き』
頭・かまを焼く。ごはんと炊けば たいめしにもなる。
※頭のまわりやカマの部分も大変おいしい。


『アクアパッツァ』
切り身を使い、味付けは塩・こしょうのみ。骨付きの身でうまみがでる。
※マダイのうまみと野菜のうまみが合わさってとてもおいしくなる。


■マダイの紹介

豊洲市場 仲卸 藤田真央さん
「天然マダイの脂のりがいいものは、秋から春先にかけてになります。おいしい時期のマダイ、ぜひ食べてください!」

1月におすすめの花

【ラナンキュラス(ラックス)(大分県産)】

バラみたいな咲き方をする。写真の花はラックス系といって花弁に光沢がある。

【スイートピー(宮県産)】

輸出もしている日本が世界に誇る花。1月21日はスイートピーの日。

 【カスミソウ(熊本県産)】

一年中出荷されているが、この時期のカスミソウはのびのびと咲いて雪みたいに真っ白。
いまは湿度が低いので、ドライフラワーを作りやすい。

【スターチス(シヌアータ・ハイリッド)(和歌山県産)】

写真上がシヌアータ、下がハイブリッド。
日本で多く作られていて、現在は世界に先駆けて新しい品種がでている。

【クリスマスローズ 鉢物(大阪府産)】

クリスマスのころから3月ごろまで楽しめる。

【アレンジ】


■1月におすすめの花紹介

大田市場 卸 磯村信夫さん

「1月31日は愛妻の日です。コロナのなかでもお世話になっている奥様にどうぞ♪カスミソウやスターチスなどはドライフラワーにぴったり!色がそのままキレイに仕上がります。湿度の低い今の時期だからこそ、作りやすいのでぜひ挑戦してみてください」
ページトップに戻る