ひるまえほっと

  • 2020年6月2日

城咲仁の “リモートクッキング”

キーワード:

俳優・タレントの城咲仁さんが、まだまだ家にいる機会の多いこの時期にぴったりの、おしゃれでリーズナブルな料理を自宅から紹介。料理力UPする城咲ポイントも必見!

■保存食を使って簡単イタリアン

『城咲流 さば缶のペペロンチーノ』

<材料 2人分> 
さば缶(水煮)…1缶(150g) 
スパゲティ…200g 
たまねぎ…1/4個 
セロリ…60g 
ミニトマト…6個 
オリーブ油…大さじ1 
にんにく…2かけ 
赤とうがらし…1/2本 
青じそ…10枚 
レモン…1/4個 
塩…適量 
ブラックペッパー…適宜

<つくり方> 
1.たまねぎ、セロリをスライス、ミニトマトのへたをとり半分に切り、にんにくをみじん切り、赤とうがらしを小口切り、青じそ10枚を千切り、レモンはわたを取ったくし切りを2つ作っておく。

2.鍋にお湯をはって塩を入れてスパゲティを7割り程度ゆでる。

3.フライパンにオリーブ油、にんにくを入れて炒め、香りがたってきたら赤とうがらし、たまねぎを入れ炒める。たまねぎがしんなりしたらセロリを入れる。 
スパゲティのゆで汁をオタマで3杯ぐらい入れて乳化させてから、さば缶を汁ごと入れて、さらに乳化させる。 
火を止めて、ミニトマトを入れる(余熱で火が通る)。 

4.(2)を入れて、スパゲティにゆで汁を吸わせる。 
塩味が足りない場合は塩とゆで汁で味を調える。 
アルデンテになったらお好みでブラックペッパーをふりかけ皿に盛り付ける。 
青じその千切りとレモンを添えて完成。

★ポイント★ 
味付けはスパゲティのゆで汁のみ。 
具とパスタは分けて加熱する。 
セロリを炒めて、青じそ、レモンを添える事で、さば特有の匂いを抑え食べやすくなる。


■夏にぴったりの簡単おしゃれスープ

『城咲流 かんたんヨーグルトのガスパチョ』(スペインの冷製スープ)

<材料> 
トマトジュース…400ml 
プレーンヨーグルト(無糖)…大さじ4 
にんにく…1/2かけ 
塩…2つまみ 
オリーブ油…適量 
きゅうり…1/3本 
セロリ…30g(皮を向いた状態) 
パプリカ(黄)…30g 
顆粒(かりゅう)チキンスープのもと(洋風)…4g 
ブラックペッパー…2つまみ

<つくり方> 
1.きゅうりとセロリは、皮をむいて小さな角切りにする。パプリカも同様に小さな角切りにする。にんにくは、すりおろしておく。

2.ボウルに冷やしたトマトジュース、ヨーグルト、にんにく、チキンスープのもとを入れて、塩で味を調えて、しっかり混ぜて器に入れる。 
野菜を入れて上から、オリーブ油、ブラックペッパーをかけて完成。

★ポイント★ 
具材もスープも器もしっかり冷やしておく。 
きゅうりは皮をむいておく事で食感がよくなる。 

◆レシピ紹介 
 
タレント・俳優 城咲 仁さん

ページトップに戻る