1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. ひるまえほっと
  4. 初夏におすすめの花 “色と香りで元気に”

初夏におすすめの花 “色と香りで元気に”

花情報
  • 2020年5月29日

初夏におすすめ!癒やしと元気を与えてくれる、色と香りにこだわった花を紹介します。


デルフィニウム愛知県産/青色の代表花

1.ジャイアントタイプ…背丈が長く花が連なって咲き、華やか。
2.スプレー咲きタイプ…華奢(きゃしゃ)な花がちらちらと枝分かれしている。
デルフィニウムのような淡い青色は、リラックスしたり優しい気持ちになるといわれている。ピンクや白、紫のデルフィニウムもある。


ヒマワリ千葉県産/夏の代表花

市場では今が出荷の最盛期で9月頃まで楽しめる。
新緑や蒸し暑くなってくる初夏には、中心が黒い一般的なヒマワリではなく、中心が黄色やオレンジ色のヒマワリが爽やかな印象になり、おすすめ。
ヒマワリの暖色系の色は、元気・やる気を起こさせてくれるといわれている。


<デルフィニウムとヒマワリの花束>

反対色の関係で相性がよい。
9対1、8対2、7対3など、一方の花を多く、一方の花を少なめにアクセントに使うことで互いの色を引き立て合う。


<ハーブを束ねた ”タッジー・マッジー“>

“タッジー・マッジー” は、中世ヨーロッパ、疫病から身を守るため、殺菌・防臭効果のあるハーブを束にして持ち歩いたりしていたもの。
魔除けのお守りとして花嫁に持たせていたことが、ウェディングブーケの由来になったともいわれている。
ハーブは初夏が旬。庭で育てているハーブを摘み、束ねて飾るのもおすすめ。
紹介したタッジー・マッジーのハーブ
ローズゼラニウム / アップルミント / スペアミント
 

■花の紹介とアレンジメント制作

大田花き市場 卸 宍戸純さん

ページトップに戻る