1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. ひるまえほっと
  4. “ステイホーム” に役立つ乾物野菜

“ステイホーム” に役立つ乾物野菜

  • 2020年5月20日

ステイホーム中でも野菜をきちんととりたい!乾物野菜を使って普段の料理をもっと充実させてみませんか。自宅でできる乾物作りや、乾物を使った簡単レシピを紹介します!

乾物のメリット

・乾物は、野菜をはじめ、豆や海産物、フルーツなど多様な食材が常温保存できる。
・冷蔵庫がなくても長期保存できるので、 いざというときの備えになる。

余った野菜を自宅で干そう!

<自宅で乾物を作るメリット>
買い物の回数を減らせる
1週間分の野菜を買っても、買って数日は生で食べ、残りは干し野菜にすると、野菜が傷むことなく食べることができる。
・乾かすと収納場所を選ばない
常温で保存できるので、冷蔵庫に入りきらないという心配がなくなる。

<下準備のポイント>
・大根やニンジン、きゅうりは、5mm程度の薄切りにする。
・なす、れんこん、ごぼう、長芋などはアクがあるので、そのまま干すと黒くなってしまう。
 水に15分ほどつけてアク抜きしてから干すときれいに仕上がる。
・ほうれんそうなどの葉物野菜、他にもブロッコリーなどは、さっとゆがいてから干すとよい。

<干すときのポイント>
・干すときには、初日は晴れている日にすること。初めの日が肝心。
・丸いざるよりも、魚を焼く焼き網のような平らな網やざるのほうが風通しがよいため、よく乾く。
・湿気がある季節は、扇風機をかけるとよく乾く。

<保存方法>
手作りの乾物は、水分が残っていたり乾きすぎていたりと水分量が一定ではないので、密閉容器での保存はせず、 お菓子の紙箱や木箱で保存するのがオススメ。

乾物野菜を使ったレシピ

『さばと乾物のすいとんトマトシチュー』

<材料 2人分>
・さばの水煮(缶詰) … 1缶(190g)
・干ししいたけ(スライス) … 8g
・干し大根(輪切り) … 10g(8枚)
・高野豆腐 … 20g
・トマトジュース(無塩) … 500ml
・小麦粉 … 100g
・水 … 100ml
・塩 … 小さじ1/2
・こしょう(粗びき) … 少々
・ハーブミックス … 適宜

<つくり方>
1.鍋にさばの水煮を汁ごと入れる。缶に水(分量外)をたっぷり入れ、洗い入れる。
2.干ししいたけ、輪切りの干し大根、高野豆腐、トマトジュースを加え、強火で沸騰するまで煮る。
 point干し大根は、切り干し大根でも代用可。
 point乾物はスープの水分で戻しながら煮ていくので、先に戻す必要はない。
3.沸騰したら、ふたをして、弱火で15分間煮込む。
4.すいとんを作る。小麦粉を水で溶き、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
5.(4)をスプーンなどで一口大すくい、鍋に落とし入れて、火が通るまで2~3分間煮る。
6.塩、こしょうで味を調え、お好みでハーブミックスを振ったら出来上がり。


『切り干し大根とわかめとツナのまぜまぜあえ物』

<材料 2人分(※作りやすい分量)>
・切り干し大根 … 10g
・乾燥わかめ … 2g
・ツナ(缶詰/ノンオイル/無塩) … 1缶(70g)
・いりごま(白) … 適量

<つくり方>
1.ポリ袋に材料をすべて入れてモミモミし、15分ほど置いたら出来上がり。
 point乾物は、ツナ缶の水分のみで戻す。
 point少し水分を足す場合は、ツナの空き缶に1杯分の水を足し、切り干し大根と乾燥わかめを倍量にするとボリュームアップする。


◆乾物のつくり方&レシピ紹介

「DRY AND PEACE」
サカイ優佳子さん、田平恵美さん
“乾物は未来食”という思いから、世界各地の知恵と料理法を研究し現代のライフスタイルに合った乾物の使い方を提案。定期的に乾物防災食講座、自家製乾物作り講座などを開催し、最近はネット講座も好評。
著書:『乾物マジックレシピ』(山と渓谷社)
『毎日食べたい 乾物ヨーグルトレシピ』(世界文化社)
『ヨーグルトでもどす乾物レシピ』(NHK出版)
『ヨーグルトでもどす魔法の乾物レシピ』(主婦の友社)
『乾物Every Day』(コモンズ) など

ページトップに戻る