新型コロナ 千葉県 緊急事態宣言の内容は

  • 2021年9月10日

緊急事態宣言 9月30日まで延長

期間
9月30日まで

緊急事態宣言の延長 主な措置や対応

飲食店などに対する要請

飲食店・カラオケ店など
・営業時間 午後8時までの時短を継続要請
・酒類提供・カラオケ利用
 終日自粛を要請
・カラオケ店 終日休業を要請
・換気徹底 座席間隔の確保の順守
 BGM音量は最小限に
・全飲食店を対象に見回り調査
 正当な理由なく要請応じない場合は
 命令や立ち入り検査も
・命令違反 立ち入り検査拒否
 行政罰として30万円以下の過料
 

結婚式場への要請
・90分以内 
 50人以下か定員50%以下での利用要請

県民への新たな要請

・混雑した場所などへの外出
 5割以下に減らすこと徹底

事業者への要請

入場者数の管理や制限など

対象施設
マージャン店 パチンコ店 ゲームセンターなど
運動施設や遊技場の一部
個室ビデオ店などの遊興施設
サービス業営む店舗
食品や医薬品 衛生用品や燃料など
生活必需品売り場含めた商品販売店舗

※制限などの具体的基準設けず
 各事業者の判断にゆだねる

(具体例)
・施設全体の措置
 出入り口にセンサーやサーモカメラ設置
 入場者や滞留者を計測 人数管理を行う
 出入り口の数の制限
 駐車場の収容上限の一時的な削減

・売り場別の措置
 入場整理券の配布
 インターネット通じた
 事前予約制導入など

劇場や遊興施設など(床面積1000平米超)
・営業時間 午後8時までの時短を継続要請
・酒類提供や酒の持ち込み
 カラオケ設備の使用自粛を要請
※応じた事業者には協力金

対象施設
運動施設 遊技場 劇場 観覧場 演芸場
集会場 公会堂 展示場 博物館 
ホテルと旅館の集会で使う部分 
飲食店営業許可受けた店舗を除く遊興施設 
生活必需品売り場を除く物品販売業店舗 
サービス業を営む店舗

映画館(床面積1000平米超)
営業時間 午後9時までの時短要請を継続

床面積1000平米以下の施設
営業時間 午後8時までの時短
酒類提供や持ち込み
カラオケ使用自粛を働きかけ
※法律に基づく要請ではないため協力金対象外

協力金

飲食店への協力金・中小企業
 昨年度またはその前年度売り上げ応じ
 1店舗につき1日4万円~10万円
・大企業
 昨年度またはその前年度の1日あたりの
 飲食部門の売り上げの減少額の4割
 1店舗につき最大20万円まで支給

大規模施設の協力金
・時短営業応じた床面積1000平米超の施設
 休業床面積と時短となった時間に応じ協力金
・飲食業以外のテナントや出店業者にも協力金

協力金の一部先渡し
対象
ことし1月以降、県要請に継続協力
※時短や酒類提供自粛などの要請
県内の中小事業者や個人事業主
およそ1万6000社が対象見込み

 協力金
 申請から1週間前後で一律70万円
 不足額は
 要請期間終了後に改めて申請受付

 協力金に関する問い合わせ先
 「千葉県感染拡大防止対策
  協力金コールセンター」
  電話番号
  0570-003894
  午前9時から午後6時まで
  ※土日祝日を含む

カラオケ店の協力金
飲食店営業許可を受けていないカラオケ店
休業に応じた場合1日2万円の協力金

イベント 県民への要請

イベント
・人数制限は5000人以下
 開催時間は午後9時まで

県民への要請
・不要不急の外出と移動の自粛
 必要ある場合も
 普段行動ともにする人と混雑を避けて行動
・不要不急の都道府県をまたぐ移動の自粛
 避けられない場合はウイルス検査の検討を
・対策不徹底
 要請応じない飲食店等の利用控える
・路上や公園での集団飲酒等の自粛

事業者への呼びかけ

・20時以降の勤務を抑制
・テレワークや
 休暇取得推進で出勤者7割削減
・換気や収容人数の調整
・重症化リスクある人や妊娠中の人に就業配慮
・テレビ会議の活用
・集団生活の場での対策を
・昼休みは時間差で取得

県立学校の部活動

・公式大会の2週間前からの練習について
 平日の活動を週3日以内に制限

ページトップに戻る