ページの本文へ

ちばWEB特集

  1. 首都圏ナビ
  2. ちばWEB特集
  3. 「PFAS」 柏市・鎌ケ谷市で井戸水から検出 浄水器など設置補助も 追加調査・原因特定は 住民生活に影響

「PFAS」 柏市・鎌ケ谷市で井戸水から検出 浄水器など設置補助も 追加調査・原因特定は 住民生活に影響

  • 2024年6月5日

千葉県柏市・鎌ケ谷市・白井市にまたがる地域で、水路や井戸水などから有機フッ素化合物「PFAS」のうち、有害性が指摘されている物質の検出が相次いでいます。

この地域、実は井戸水を飲み水として利用している住民が少なくありません。

生活にどのような影響が出ているのか、自治体の対応はどうなっているのか、原因はどのように把握していくのか、現場からお伝えします。

(千葉放送局成田支局・武田智成)

「PFAS」とは

「PFAS」は、数千種類の物質を含む有機フッ素化合物の総称です。

水や油をはじき、熱に強い特性を持つことから、20世紀半ば以降、テフロン加工のフライパンや食品のパッケージ、防水服などさまざまな製品に使われてきました。

PFAS

また、航空機の火災などで使われる泡消火剤にも活用され、アメリカ軍基地の中ではジェット機事故や訓練などでPFASが含まれる泡消火剤が使われてきたことがわかっています。

柏市・鎌ケ谷市・白井市で相次ぎ検出

「PFAS」のうち、有害性が指摘されている「PFOS」と「PFOA」。国は、2つを合わせて50ナノグラム(ng)/リットル(L)の濃度を暫定目標値として設定しています。

千葉県内では、柏市と白井市の境界を流れる川の調査地点で、少なくとも5年前から、暫定目標値を上回る濃度が検出されてきました。

柏市・白井市境界の調査地点

この原因を把握するため、千葉県や柏市は2024年3月、周辺の水路などで追加調査を実施。

調査が行われた水路

すると、以前から検出されてきた調査地点を含め、海上自衛隊下総航空基地に近い7か所で、国の暫定目標値を上回って検出されました。

<「PFOS」「PFOA」の合計濃度(国の暫定目標値:50ng/L)>

▼調査地点①:58ng/L
▼調査地点②:10ng/L
▼調査地点③:130ng/L
▼調査地点④:120ng/L
▼調査地点⑤:15ng/L
▼調査地点⑥:13ng/L
▼調査地点⑦:9.5ng/L
▼調査地点⑧:560ng/L
▼調査地点⑨:1800ng/L
▼調査地点⑩:1000ng/L
▼調査地点⑪:1000ng/L

国の値を上回った7地点(赤丸)・井戸水の調査エリア(青のだ円)

これを受けて鎌ケ谷市と柏市は、国の値を上回った調査国の値を上回った7地点(黄色のピン)地点の周辺で、井戸水の水質調査を実施しました。

その結果、飲み水として利用されている水でも国の値を上回るケースが相次ぎ、最大240倍の極めて高い濃度も検出されました。

<鎌ケ谷市>
▼調査地点:井戸17か所
▼目標値超過:7か所(130~12000ng/L)

<柏市>
▼調査地点:井戸84か所
▼目標値超過:18か所(65~1500ng/L)

(国の暫定目標値:50ng/L)

周辺の水路

井戸水利用の地域 生活影響も

井戸水からPFASが検出された鎌ケ谷市軽井沢地区。以前から井戸水を生活用水として利用している世帯があり、上水道が十分に普及していません。

地区に30年以上暮らしている80代の男性は、自宅の敷地内で地下からくみ上げた井戸水を、飲み水などとして利用してきました。

蛇口から出るのは井戸水

男性の自宅は、国の値を上回った調査地点から近く、市による追加調査の対象に。6月3日、市の職員が訪れて井戸水を採取したということです。

井戸水をくみ上げる装置

しかし、調査の結果が出るのは約1か月後で、男性は万が一、検出された場合に備え、井戸水を飲み水として利用せず、ミネラルウォーターを箱単位で購入しているということです。

住民

以前は子どもたちも含め、普通に飲んでいた水だったので心配です。

調査結果が出るまでは飲み水を確保する必要があり、近くの公共施設で給水があると聞きますが、高齢で水をくむのも大変なので困っています。

市は浄水器設置など支援へ

鎌ケ谷市は、利用している井戸水からPFASが検出された世帯を対象とした対応策をまとめました。

主な内容は次の通りで、今後、住民説明会を開くなどして周知することにしています。

▼飲み水を確保するため、各家庭にウォーターサーバーや浄水器を設置する費用の一部を補助する。

▼希望する世帯には、保健師が訪問して健康相談に応じる。

市は今後、住民の生活支援を進めるほか、範囲を拡大して行っている追加調査の結果を分析し、さらなる調査の拡大が必要か見極めるとともに、原因の特定に向けて県や近隣の自治体と連携を強めるとしています。

鎌ケ谷市の芝田裕美市長はNHKのインタビューに対し、次のように述べました。

芝田市長

原因の特定に関する調査は具体的には進んでおらず、まずは地元の住民の健康を守ることを優先している。

どういう調査方法があるのか調べているところで、科学的根拠に基づく形で進めていきたい。

一連の問題を巡っては、柏市も、戸別に浄水器を配るなどの対応を取っています。

  • 武田智成

    千葉放送局成田支局

    武田智成

    成田空港のほか、鎌ケ谷市・白井市などを担当。

ページトップに戻る